転職準備

エンジニアの転職で忘れずに行いたい準備

投稿日:

エンジニアの転職で忘れずに行いたい準備をまとめてみた

 

転職における成功は、人によって大きく異なります。

 

年収アップが目的の人であれば今よりも収入の良い会社に入ることができれば成功ですし、人間関係のもつれで悩んでいた人は快適に働ける職場なのかどうかが大事ですね。

 

どんな目的だとしても、エンジニアの転職で成功するには事前準備を忘れずに行わなければなりません。

 

ここではエンジニアの転職で行うべき準備を幾つかご説明していますので、活動を始める前に一度目を通しておきましょう。

 

何が目的で転職したいのか整理する

 

まず最初に、何が目的で転職したいのか整理することから始めなければなりません。

 

目的や目標が曖昧なまま活動しても、希望の企業に入社できる確率が低くなってしまいますので注意が必要です。

 

以下では前職で抱えていた不満から、どのように前向きな目的に転化させれば良いのかまとめてみました。

 

「今の会社ではエンジニアとしての成長が見込めない⇒新規事業に積極的な会社に転職する」

「開発環境に不満がある⇒開発環境に関する現場の意見を聞いてくれる会社を選ぶ」

「今の会社の方針に共感できない⇒利益だけではなく顧客満足を理念とする会社で働きたい」

「給与が安くていつまで経っても年収が上がらない⇒自分の実績を正当に評価してくれる会社を選ぶ」

 

なぜ転職しようと思ったのか考えることで、希望する会社が大まかに見えてくるのではないでしょうか。

 

企業は応募者が今までにどんな仕事を手掛けてきたのか、どういった仕事をやりたいのかといった点を判断材料として選考していますので、きちんと答えられるように転職の目的を整理してみてください。

 

在職したまま転職するのか退職後に転職するのか考える

 

これはエンジニアに限った話ではないものの、転職の準備をするに当たって在職したまま活動するのか退職後に活動するのか考えなければなりません。

 

それぞれの方法でメリットが異なりますので、簡単に見ていきましょう。

 

<在職したまま転職するメリット>
・収入が途切れないので早く転職しなければと焦る必要がない
・良い転職先が決まらない時は現職に留まる選択肢も残る
・空白期間がないので応募企業から不信感を持たれずに済む
・転職先が決まった後であれば現職の留意を上司から受けにくい

 

<退職後に転職するメリット>
・現職のことを考えなくて良いので転職活動に集中できる
・空いた時間を活用してスキルアップの勉強や資格取得に精を出せる
・失業手当や支援金を受けることができる
・前職に不満がある方は心身ともにリフレッシュして転職に臨める

 

「在職したままの転職活動は十分に時間を確保できない」「退職後の転職活動は無職期間が長いと企業から不信感を持たれやすい」といったデメリットもあるため、自分に向いているやり方を探すのがポイントですね。

 

転職活動の方法を決める

 

いざ転職すると決意したエンジニアは、どのような方法で活動するのか決める必要があります。

 

エンジニアが転職する方法は、主に次の4つです。

 

・求人サイトや転職サイトを活用して自分の希望に合う求人を探す
・企業による積極的な人材採用のダイレクトリクルーティングサービスを利用する
・知人からの紹介を通して転職する
・キャリアコンサルタントのサポートを受けられる転職エージェントを利用する

 

個人によって向き不向きはありますが、しっかりと準備をして転職活動に臨みたいエンジニアには転職エージェントをおすすめします。

 

転職エージェントであればコンサルタントとキャリアカウンセリングをして自分の強みを客観的に把握し、希望を叶えられる求人の紹介や面接対策を受けられるのです。

 

IT業界やWeb業界を目指すエンジニアにはWORKPORT(ワークポート)がおすすめで、どんな特徴を持つ転職エージェントなのかまとめてみました。

 

・各業界に精通したコンシェルジュが全面的に転職をサポートしてくれる
・14年間の実績で転職決定人数第1位の称号を獲得している
・転職活動を強力にサポートするオリジナルツールが用意されている

 

お申し込みから転職先の決定まで丁寧なサポートを心掛けてくれますので、まずはWORKPORT(ワークポート)に無料相談してみてください。

 

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら


 

内定を勝ち取るための面接対策を行う

 

エンジニアの転職で、内定を勝ち取るための面接対策は欠かさずに行うべき準備です。

 

面接の結果で転職が成功するのか失敗するのか決まると言っても過言ではありません。

 

万全な準備をして面接に臨んでいれば、次のことを克服できますよ。

 

・面接官から何が質問されるのか予測できない不安感
・自分が採用されるのか落とされるのかという焦り
・的確に答えられるかどうかの緊張

 

そこで、以下ではエンジニアの転職で内定を勝ち取るためにどんな面接対策を行えば良いのかまとめてみました。

 

・「入社したらやりたいことはありますか?」「なぜうちの会社に入ろうと考えましたか?」と聞かれやすい質問の回答を用意しておく
・「自分がどんな風に貢献できるのか?」「企業への熱意はあるのか?」といった点をアピールする自己PRを作る
・履歴書やスキルシートの内容をあらかじめ把握して、具体的なエピソードを交えながら話す
・面接官が人事部の場合は仕事に対する姿勢、現場責任者の場合は技術力やスキルをアピールする

 

採用面接は自分と面接官の会話のキャッチボールですので、「○○○が良い」とマニュアルは決まっていません。

 

回答例文をそのまま伝えても面接官の印象には残りにくいため、自分の言葉に熱意を込めて伝える練習をしましょう。

 

また、エンジニアの転職の面接では企業の実像を探るための逆質問も効果的で、現場を良く知る部門担当者から直接話を伺うことができます。

 

何が良いのか特に決められているわけではありませんが、こんな感じの逆質問がおすすめです。

 

・教育研修制度の内容はどのようなものですか?
・プロジェクトリーダーの方の平均年齢は何歳ですか?
・エンジニアに対する評価基準はどのようになっていますか?

 

どんな企業なのか知ることができるだけではなく、「ここで働きたい!」といった意欲を面接官に見せることができます。

 

面接の最後に「何か質問はありますか?」と言われたら逆質問のチャンスですので、仕事内容や開発環境など具体的な質問をしてみてください。

 

-転職準備
-, , , ,

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.