CEエンジニア SEエンジニア おすすめエージェント エンジニア転職に関する基礎知識 レバテックキャリア 資格

SEエンジニアとCEエンジニアの違い!必要なスキルや年収まとめ

投稿日:

SEエンジニアとCEエンジニアの違い

 

「エンジニア=技術職」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

 

全くその通りなのですが、一口にエンジニアと言ってもたくさんの種類があります。

 

中でも代表的なのがSEエンジニアとCEエンジニアで、大まかな特徴をまとめてみました。

 

・SE(システムエンジニア):顧客の要求から仕様を決めて、情報システム開発における上流工程を担当するエンジニア
・CE(カスタマーエンジニア):コンピュータ・システムを安定に稼働させる目的で、システムの保守や点検を行うエンジニア

 

就職や転職するに当たり、自分のキャリアプランを踏まえてどの道に進むのか決めないといけません。

 

以下ではSEエンジニアとCEエンジニアの違いを説明していますので、一度目を通しておいてください。

 

仕事内容の違い

 

SEエンジニアとCEエンジニアは、以下のように仕事内容が違います。

 

<SEエンジニア>
要求分析:顧客へのヒアリングでどのようなシステムを望んでいるのか明らかにする
設計書の作成:システム構築に必要な仕様書や設計書を作成する
基本設計:顧客のニーズを実現するためにシステムの設計を行う
詳細設計:実装予定の機能に対して更に技術や仕組みを深掘りする
テスト:きちんと設計通りの動作をするのか確認する

<CEエンジニア>
機器の設置:正しいハードウェアの知識でIT機器を設置する
導入支援:情報システムを導入する顧客に対してソフトウェアのインストールなどの支援をする
保守や点検:システムに対して定期的に保守や点検をして、必要に応じて修理する

 

どちらのエンジニアも専門的な知識が必要な点では一緒ですが、仕事内容や業務内容に違いがあると心得ておきましょう。

 

取得すると望ましい資格の違い

 

IT関連の仕事は資格の種類が多く、自身のスキルを証明する際に欠かせません。

 

しかし、資格を持っていれば何でも良いわけではなく、SEエンジニアとCEエンジニアでは取得すると望ましい資格の種類に違いがあります。

 

<SEエンジニアが取得したい資格>
基本情報技術者:高度IT人材となるために必要な基礎知識や実践的な活用能力を身に付けている証明になる資格
応用情報技術者:ITエンジニアとして応用的な知識や技能を持っている証明になる資格
プロジェクトマネージャー:プロジェクト全体の意思決定を行うリーダー的な業務を行う者

<CEエンジニアが取得したい資格>
電気工事士:一般住宅などの電気設備の安全を守るための業務ができる人に与えられる資格
工事担任者:公衆回線やCATVの通信回線に接続する設備の配線工事を行う人に与えられる資格
マイクロソフト認定技術者試験:マイクロソフトの製品やテクノロジーを取り扱う試験

 

「CEエンジニアが基本情報技術者の資格を持っていても意味がない」というわけではないものの、転職を成功に導く目安として頭に入れておくべきです。

 

フリーランスになりやすいのはSEとCEどちらか?

 

特定の会社や企業に属するのではなく、フリーランスエンジニアとして独立する方は増えています。

 

自分一人の力で仕事や案件を獲得して成果をお客様へ納品していくエンジニアがフリーランスエンジニアで、どのようなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

 

・自室での作業や多少の騒音のあるカフェなど、自分の好きな場所で働くことができる
・「広い分野を請け負う」「専門的に領域を絞る」など、自分の価値基準でプロジェクトを選べる
・自分の苦手な人と一緒に仕事をする必要がなく、心に余裕を持てるようになる
・確かなスキルや技術力を持っているエンジニアであれば、会社員時代よりも収入を増やせる

 

やりたい仕事を選び、自分の価値基準でキャリアを作っていけるのが大きな魅力です。

 

このフリーランスエンジニアを目指すに当たり、SE(システムエンジニア)とCE(カスタマーエンジニア)のどちらがなりやすいのか、疑問を抱えている方はいませんか?

 

どちらのエンジニアでもフリーランスとして活躍している人はいますので、「○○○の方がおすすめ」と一概に言い切ることはできません。

 

しかし、どちらかと言うとCEよりもSEの方がフリーランスになりやすく、その理由や背景をまとめてみました。

 

・SEの方がシステムや広範なIT知識を包括できるので顧客から重宝されやすい
・ビッグデータやICT事業強化に伴い、広範なIT知識を有しているSEの需要が高まっている
・CEのメイン業務となる保守作業やトラブルシューティングは外注化しやすいのであまり重視されていない
・CEは時間量勝負でコアなスキルが身に付きにくく、キャリアにマイナスに働くケースが多い

 

複数の要素を加味すると、CEよりもSEの方がフリーランスとして成功しやすくなっています。

 

フリーランスエンジニアのデメリット

 

自由な働き方や収入の多さに惹かれて、フリーランスエンジニアに憧れている方は多いのではないでしょうか。

 

色々な期待を持つのは当然ですが、残念ながらフリーランスエンジニアには次のデメリットがあります。

 

・いつでも仕事に恵まれるわけではなく、案件を獲得できなければ利益を出せないので収入が安定しない
・サラリーマンと比較し、「健康保険」「厚生年金」「介護保険」「雇用保険」などの社会保障が少ない
・毎年2月16日~3月15日までの間に確定申告のために税務署に必要書類を提出しないといけない
・仕事が上手くいかない時に自分でモチベーションを管理する必要がある

 

SEでもCEでも、フリーランスエンジニアならではの苦痛や苦悩があるわけです。

 

それに、独立するにはエンジニアとしてのスキルや技術力を高めないといけないので、経験の浅い方はキャリアを積むことから始めた方が良いでしょう。

 

転職エージェントのレバテックキャリアに相談すれば、エンジニアやプログラマーの転職を徹底的にサポートしてくれます。

 

以下ではレバテックキャリアを利用する大まかな流れをまとめてみました。

 

①Web上で必要事項を入力して転職支援サービスに申し込む(無料)
②担当コーディネーターとマンツーマンでキャリアカウンセリングを受ける
③求職者のスキルや希望に合わせて求人を紹介してくれる(非公開求人が多い)
④書類添削や面接対策の後に応募企業と採用面接を受ける
⑤晴れて内定を獲得した後は勤務先の円満退職に向けてフォローしてくれる

 

転職から退社までプロがサポートしてくれますので、エンジニアの方は是非一度レバテックキャリアを利用してみてください。

 

レバテックキャリア

 

CEに必要なスキル、経験

 

エンジニアは技術職ですので、相応のスキルを持っていないと満足に業務をこなすことができません。

 

そこで、以下ではCE(カスタマーエンジニア)になるために、必要なスキルや経験を幾つか挙げてみました。

 

・電源や通信の保守点検の業務を行う場合は電気工事士や工事担当者、認定電気工事従事者の資格
・「システムのどこに異常があるのか?」「原因はソフトウェア部分なのかハードウェア部分なのか?」とITに関する幅広い知識
・顧客の伝えたいことをヒアリングし、サービス内容を迅速正確に行うコミュニケーション力や状況把握能力

 

ITに関する幅広い知識が必要な点では、CEだけではなくシステムエンジニアも一緒です。

 

しかし、他のエンジニアと比べるとCEは情報システム全体について安定稼働を維持したり障害発生時は被害を最小限に抑えたりと、信頼性の高いサービスを顧客やクライアントに提供しないといけないので、経験が物を言います。

 

具体的にどのような人にCEが向いているのか見ていきましょう。

 

・ITの幅広い知識を身に付けて業務に活かしたいと考えている
・コンピュータや機械いじりが好き
・トラブルが発生した時に冷静に対処できる
・トラブルの状況を把握して現場で解決できる判断力を持っている
・体力や精神力に自信を持っている

 

CEとして成功させたいエンジニアはITに関する知識を習得するのはもちろんのこと、判断力や問題解決力を養う努力をしてみてください。

 

CEの年収

 

CE(カスタマーエンジニア)を目指すに当たり、どのくらいの年収をもらえるのか気になるところです。

 

2016年にNPO法人ITスキル研究フォーラム(iSRF)が作成した資料の「IT技術者向けスキル診断調査レポート」では、CEの平均年収は全ての年齢を合わせて489万円と記載されていました。

 

※参考:https://www.isrf.jp/home/event/chousa/docs/2016skillreport_it.pdf

 

システムエンジニアやネットワークエンジニアなど全てのITエンジニアの平均年収は502万円ですので、CEの平均年収はほぼ標準だと言えます。

 

2016年の日本全体の平均年収は上記の資料で442万円と出ていましたので、CEの給与水準が高いのは紛れもない事実です。

 

しかし、CEになれば自然と高い給料をもらえるわけではありません。

 

高年収・好待遇を得るには相応の努力が必要で、CEが年収を上げるために何をすれば良いのか見ていきましょう。

 

・仕事で大きな成果を出して上司から評価される
・応用情報技術者などの資格を取得して自分の市場価値を高める
・高年収が期待できる大企業に転職する
・チーム全体をまとめるマネジメント力を身に付ける

 

努力をしてキャリアアップを図れば単純に年収が上がるだけではなく、仕事に対する満足感が高まって更にモチベーションはアップします。

 

SEもCEも技術力を追い求めることが要求される業種ですので、自分の価値を高める努力をしてみてください。

 

まとめ

 

以上のように、SEエンジニアとCEエンジニアの違い、CEに必要なスキルや平均年収についてまとめてみました。

 

フリーランスエンジニアとしての道はCEよりもSEの方が近いのですが、カスタマーエンジニアには次の魅力があります。

 

・実際に機械を触って修理する経験ができる
・トラブルを迅速に解決すれば顧客から感謝される
・現場で必要なスキルや応用力を身に付けられる

 

他のエンジニアとは違った魅力がたくさんありますので、CE(カスタマーエンジニア)として活躍するために転職活動に精を出してみてください。

-CEエンジニア, SEエンジニア, おすすめエージェント, エンジニア転職に関する基礎知識, レバテックキャリア, 資格
-, , , , , ,

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.