おすすめエージェント エンジニア転職に関する基礎知識 レバテックキャリア 資格

IT資格の種類をまとめてみた!エンジニアが絶対に取るべきおすすめはこれだ!

更新日:

IT資格の種類

 

IT資格とは、システム構築やITに関連する業務に関する資格を指しています。

 

IT関連企業に就職したり転職したりするに当たり、自分のスキルや技術力を証明する資格が大いに役立つのは間違いありません。

 

一口にITの資格と言っても、次の3種類に大きく分けられます。

 

・国が公的に認定している「国家資格」
・民間の企業が認定している「ベンダー資格」
・その他の機関が認定している「ベンダーニュートラル資格」

 

ITと関連する国家資格に関しては、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が試験を実施している「情報処理技術者試験」や、スペシャリスト系高度3資格の一つの「ネットワークスペシャリスト(NW)」が有名です。

 

その名の通り国が認定している資格ですのでベンダー資格やベンダーニュートラル資格よりも評価が高く、転職や給与交渉に有利に働きます。

 

その代わりに合格するまでの難易度が高いため、エンジニアやプログラマーであれば誰でも取れるというわけではありません。

 

ベンダー資格やベンダーニュートラル資格については以下のページで詳しく説明していますので、IT資格の種類について知りたい方は一度目を通しておきましょう。

 

ベンダー資格とは

 

ベンダー資格とは、コンピュータやソフトウェアなどのIT関連製品を製造したり販売したりする企業が適切な操作技術や管理技術を満たしていることを認証する目的で作った民間資格です。

 

ベンダー資格に対して、次のイメージを持っている方はいませんか?

 

・国家資格とは違って役に立たないのでは?
・国家資格よりも試験が簡単なのでは?

 

しかし、ITのベンダー資格の中には難易度が高いものがありますし、実務にすぐ現場で活かせるのがメリットです。

 

情報処理技術者試験などの国家資格は特定の製品やソフトウェアに限定されないので、エンジニアやプログラマーにとって目に見える形で活きるわけではありません。

 

一方でベンダー資格は実務スキルの裏付けや新たな技術へのチャレンジとして役立つため、自分の目指す業種や職種に合わせて取得の勉強をするのは選択肢の一つです。

 

以下では、代表的なIT系ベンダー資格を幾つか挙げてみました。

 

・オラクルマスター:オラクル社が規定しているデータベースの製品の取り扱いレベルを認定する試験で、「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の4つの難易度に分けられている
・シスコ技術者認定:シスコ社がネットワーク製品の取り扱いレベルを認定する資格で、「エントリー」「アソシエイト」「プロフェショナル」「エキスパート」「アーキテクト」の5つに分けられている
・マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP):PowerPointやExcelなどマイクロソフト社のソフトの取り扱いレベルを認定する資格で、難易度は「エントリー」「アソシエイト」「エキスパート」「マスター」の4つ

 

上記のベンダー資格はあくまでも一例で、他にもたくさんの企業が認定しています。

 

国家資格よりも劣るとイメージを持っている方は多いのですが、レベルによって基礎知識があれば合格できるものから、製品内容を熟知しないと合格が難しいものまで様々です。

 

ベンダーニュートラル資格とは

 

ベンダーニュートラル資格とは上記のオラクルマスターやシスコ技術者認定とは違い、どの企業やメーカーにも依存しない資格を指しています。

 

「国や企業以外の機関が実施しているITの資格」と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

 

IT資格は製品があってその技術者を資格認定するケースが多いため、ベンダー資格と比べてみるとベンダーニュートラル資格の数は多くありません。

 

そこで、代表的なITのベンダーニュートラル資格の種類を見ていきましょう。

 

・ETEC:組み込みのソフトウェア技術者を認定する目的で作られた資格
・LPIC:世界共通のソフトであるLinuxの技術者を認定するための試験
・EC-Council:電子ビジネスの技術やコンテンツ資源管理を認定する試験
・OMG:統一モデリング言語のUMLに関する技術やスキルを認定する試験
・The OpenGroup:フレームワークTOGAFの知識を問う目的で作られた資格
・Ruby技術者:プログラミング言語のRubyに関する技術を問う試験

 

IT関連の資格は、種類を集めれば集めるほど就職や転職で役立つというわけではありません。

 

実務で活かせるのかどうかが非常に大事ですので、自分のキャリアプランを踏まえて受験するベンダーニュートラル資格を決める必要があります。

 

IT資格を取得するメリット

 

IT関連の資格さえ取得すればそれでOKというわけではありません。

 

しかし、エンジニアやプログラマーがIT資格を取得することで、次のようにたくさんのメリットがあります。

 

・周りの人と差別化を図れるので、就職や転職で有利な状況となる
・難易度の高い資格を保有している技術者ほど、その会社で好待遇となる
・企業によってはIT資格の取得が給料や昇進の条件として設定されている
・色々な仕事を任されるようになってIT技術者としてやりがいを実感できる
・独立開業が見込める資格であれば、フリーランスエンジニアになる道も切り開ける

 

「勉強が大変」「資格によっては取得が難しい」といった点以外は、IT資格を持つデメリットはありません。

 

以下で詳しく説明していますが、ITパスポートよりも基本情報技術者、基本情報技術者よりも応用情報技術者と難易度の高いIT資格を持つほどあなたの価値は高まります。

 

同じIT資格でも系統やスキルレベルには大きな違いがありますので、自分の目標や目的に合わせてどの種類の資格を取得すれば良いのか考えてみましょう。

 

入門者におすすめのIT資格1:ITパスポート

 

「何かITの資格を取得したい」と考えている初心者には、ITパスポートがおすすめです。

 

ITパスポートは通称iパスと呼ばれている資格で、累計応募者は何と77万人を超えています。

 

IT関連の国家資格の一つですが、試験区分はスキルレベル1と難易度はそこまで高くありません。

 

以下ではITパスポートの資格の大まかな特徴や取得するメリットをまとめていますので、一度目を通しておきましょう。

 

・ITの入門者が基礎的な知識を身に付けて、その知識を活用する技術を学ぶことができる
・ITを利活用する全ての学生や社会人がITに関する基礎的な知識を証明できる
・「経営全般」「IT管理」「IT技術」など幅広い分野の知識を習得できる

 

ITパスポートの資格を持っているだけでも、「自分はITの基礎を分かっています」「ITに関しては大丈夫ですよ」と採用担当者にアピールできます。

 

転職に大幅に有利になるIT資格ではありませんが、IT企業に限らず他の会社でも活用できるのが魅力的です。

 

未経験でIT企業に転職しようとすると、経験者と比べて不利になりやすいため、入門者はITパスポートを取得する勉強を始めてみてください。

 

試験の概要

 

ITパスポートの試験時間は120分で、全て4つの選択肢の中から1つの正解を選ぶ四肢択一式となっています。

 

出題されるテストは全部で100問で、以下の3種類で構成されているのが特徴です。

 

・ストラテジー系(経営全般):35問程度
・マネジメント系(IT管理):20問程度
・テクノロジ系(IT技術):45問程度

 

国家資格にしては平成28年度で合格率が48.3%と高く、ITパスポートがITの初心者に向いている理由はお分かり頂けるでしょう。

 

入門者におすすめのIT資格2:基本情報技術者

 

ITの入門者向けの資格がITパスポートなのに対して、基本情報技術者はエンジニアとしての入門となる資格です。

 

ITに関する基礎知識はもちろんのこと、プログラミングに関する内容まで幅広い知識が問われます。

 

「これからITに関わる仕事に就きたい」「エンジニアとして成果を出していきたい」と考えている人にとって、基本情報技術者が必須の資格なのは間違いありません。

 

転職を考えている20代のエンジニアから基本情報技術者は特に人気で、取得すべき理由を幾つか挙げてみました。

 

・中規模以上の企業であれば資格手当てを貰うことが可能で、給料がアップする可能性が高い
・情報技術者の基礎となる学んだ知識を担保できる
・中々難解な問題文で、論理的思考が養われる
・社会基盤を支えるITリテラシーを学ぶ資格としてピッタリ

 

高度な技術とはいかなくても、基本情報技術者はIT業界に関わる人材として一人前である知識を学ぶことができます。

 

平成29年の合格率は22.1%と狭き門ですが、エンジニアとしてのキャリアを積む一歩として基本情報技術者の取得を目指してみましょう。

 

試験の概要

 

基本情報技術者の試験は、150分の四肢択一の多肢選択式と、同じく150分の多肢選択式で構成されています。

 

それぞれの試験でどのような範囲が出題されるのかまとめてみました。

 

<四肢択一の多肢選択式(80問)>
・テクノロジ系
・マネジメント系
・ストラテジ系

 

<多肢選択式(13問中7問)>
・コンピュータシステムに関する内容
・情報セキュリティに関する内容
・データ構造およびアルゴリズムに関する内容
・ソフトウェア設計に関する内容
・ソフトウェア開発に関する内容
・マネジメントに関する内容
・ストラテジに関する内容

 

ITパスポートと比較してみると、基本情報技術者の試験は出題される範囲が広いことが分かります。

 

入門者におすすめのIT資格3:応用情報技術者

 

基本情報技術者の資格を取得し、更にエンジニアやプログラマーとしてのスキルのステップアップを目指したいのであれば応用情報技術者がおすすめです。

 

応用情報技術者は独立行政法人「情報処理推進機構」が主催している国家資格で、共通キャリア・スキルフレームワークのレベル3に位置付けられています。

 

基本情報技術者がスキルレベル2に該当するため、更に難易度の高いIT資格だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

以下では応用情報技術者に合格することで、どのようなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

 

・IT技術者として高度な知識を持っていることの何よりの証明に繋がる
・ネットワークスペシャリスト試験やプロジェクトマネージャ試験の午前中の部門が免除される
・エンジニアやプログラマーとしての評価が上がり、基本情報技術者よりも転職に有利に働く

 

IT技術者は常に最新の技術を追い求める努力が必要となるため、今後のキャリアアップのためにも応用情報技術者の試験を受けるべきです。

 

試験の概要

 

応用情報技術者の試験は、午前中の記号選択式と午後の記述式の2つに分けられています。

 

それぞれの試験の問題出題数や試験時間について詳しく見ていきましょう。

 

・記号選択式:出題数は80問で、試験時間は150分
・記述式:出題数は11問で、試験時間は150分

 

トータルで5時間の試験ですので、かなり長いことが分かります。

 

記述式に関しては11問全てを解くのではなく、1問が必須で残りの10問から4問を選択する形です。

 

問題1つ1つが高難易度ではないものの、膨大な範囲の勉強を同時に行う必要があるため、基本的なことを満遍なく学んで試験対策をしましょう。

 

入門者におすすめのIT資格4:システムアーキテクト

 

システムアーキテクトは情報処理技術者試験の一区分で、高度情報処理技術者が対象となります。

 

共通キャリア・スキルフレームワークのレベル4に位置付けられているため、IT関連の国家資格の中でも最高難易度です。

 

企業が推進している人気のIT資格ですので、キャリアアップとしてシステムアーキテクトは欠かせません。

 

以下では、価値の高い資格のシステムアーキテクトを取得するに当たり、どのような方法で勉強すれば良いのかまとめてみました。

 

・参考書の「情報処理教科書 システムアーキテクト 2018年版」や「システムアーキテクト試験○×式一問一答問題集」を読んでテストの感覚を掴む
・とにかく過去問をたくさん解いて、分からない問題をそのまま放置しないようにする
・「システムアーキテクト試験 午前Ⅱ 問題集」や「情報処理 システムアーキテクト」など、スマホアプリでスキマ時間にも勉強する

 

他のIT資格にも該当しますが、日々の勉強の積み重ねがシステムアーキテクトに合格するコツです。

 

上級エンジニアを目指している方は、システムアーキテクトの取得を目指してみましょう。

 

試験の概要

 

システムアーキテクトの試験は、次の4つに大きく分けられています。

 

<午前Ⅰ>
試験時間:50分
出題形式:多肢選択式(四肢択一)
出題数:30問
解答数:30問

 

<午前Ⅱ>
試験時間:40分
出題形式:多肢選択式(四肢択一)
出題数:25問
解答数:25問

 

<午後Ⅰ>
試験時間:90分
出題形式:記述式
出題数:4問
解答数:2問

 

<午後Ⅱ>
試験時間:120分
出題形式:論述式
出題数:3問
解答数:1問

 

受験資格は特に決められていませんが、実務経験を持っていない方は相応の対策が必要です。

 

資格を取った後は、案件で腕試ししてみませんか?

 

ITの資格を取得した後に、実際に案件に取り組んで腕試しをしてみてはどうでしょうか。

 

以下のようにクライアントとフリーランスを繋ぐサービスを利用すれば、エンジニアの自分が活躍できる案件を獲得できます。

 

・フリーランス向けで週2回~からお仕事を紹介してくれる「プロシート(PROsheet)」
・トップランサーと選ばれたクライアントだけがマッチングする「ランサーズトップ(LancersTop)」

 

元々フリーランスエンジニアとして働いている人はもちろんのこと、IT資格を活かしたい方にもピッタリです。

 

色々な案件を見ているだけでも自分に何が足りないのか把握できますので、プロシート(PROsheet)やランサーズトップ(LancersTop)を上手く活用してみましょう。

 

まとめ

 

以上のように、IT関連の資格と言っても、国家資格の「ITパスポート」「基本情報技術者」「応用情報技術者」「システムアーキテクト」を中心にたくさんの種類があります。

 

ベンダー資格やベンダーニュートラル資格を加えればもっと多く、自分の目的や目標に合わせてどれを取得すれば良いのか考えるべきです。

 

IT資格を取得して自分の市場価値を高めたエンジニアは、自分が希望する会社に転職するためにレバテックキャリアを利用してみましょう。

 

レバテックキャリアはIT業界やWeb業界に特化した転職エージェントで、他のサービスと違った特徴を幾つか挙げてみました。

 

・求人登録数4,000件以上と業界トップクラスで、内定獲得率も高い
・話が通じるプロのキャリアアドバイザーに転職相談ができる
・年3,000回の企業訪問で開発方針と社風に何処よりも詳しい
・職務経歴書の添削や模擬面談対策など徹底的なサポートをしてくれる

 

未経験でも利用できないことはありませんが、IT関連の資格を持っていればより良い条件の求人を紹介してくれます。

 

一人で転職活動を進めるよりも遥かに成功率は高くなりますので、是非一度レバテックキャリアに相談してみてください。

 

レバテックキャリア

-おすすめエージェント, エンジニア転職に関する基礎知識, レバテックキャリア, 資格
-, , , ,

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.