エンジニア転職に関する基礎知識 年齢

IT業界への転職は何歳まで?年齢に合わせたリスクの少ない転職方法

更新日:

IT業界への転職は何歳まで大丈夫なの?

 

IT業界への転職が何歳まで大丈夫なのか、疑問を抱えている方はいませんか?

 

一昔前まではIT業界の転職において35歳限界説が囁かれていましたので、「30代の自分にはキツいのではないか?」と不安になるのは当然です。

 

しかし、「○○歳を超えたらIT業界への転職は難しい」と決められているわけではありません。

 

何歳まで転職ができるのかどうかは、次のように求職者の年齢や持っているスキルによって変わります。

 

・20代であれば未経験からIT業界への転職は十分に視野に入れることができる
・30代でもIT業界で経験があれば、キャリアアップや待遇改善で転職は可能
・40代でもプロジェクトマネージャなどの資格を持っていれば転職先で重宝する

 

ITスキルや実務経験は手に職を持っている状態ですので、何歳になっても転職で役立つのは間違いないでしょう。

 

確かに、30代後半~40代にかけて未経験でエンジニアやプログラマーを目指すのはハードルが高く、若い人の方が有利になりやすい理由をまとめてみました。

 

・情報の取得や技術の習得のスピードが速い
・新しい環境でも短期間のうちに適応しやすい
・将来性が期待できる(自社で育てられる)
・体力があってハードな業務にも耐えられる

 

自社で一から教育するに当たり、20代の人材と40代の人材とでは大きな違いがあります。

 

それでも、年齢が上がるにつれて人生経験による幅広い視点と判断力を持つ人間に成長していますし、確かなスキルを持ったITエンジニアを求めている企業も現在では多いので、30代や40代でも十分にチャンスはあるのです。

 

年齢で転職を諦めるのは自らの可能性を断つことに繋がりますので、「○○歳を超えたから無理」という考え方は捨ててください。

 

年齢に合わせたリスクの少ないIT業界への転職方法

 

IT業界への転職は何歳まででも可能ですが、個人の年齢によってベストな方法には違いがあります。

 

例えば、資格の取得でスキルをアピールするのは効果的な方法でも、次のように求職者の年齢で変わりますので注意しなければなりません。

 

・20代は他業種からエンジニアになるために資格の勉強をする時間がある
・30代は資格の取得に時間を割くよりも実務経験を積んだ方が良い
・40代は資格を取ってからの転職では時間が無駄になりやすい

 

そこで、このページでは年齢に合わせたリスクの少ないIT業界への転職方法をまとめていますので、取り組み方で迷っている方は参考にしてみましょう。

 

26歳までは転職サイトを利用する

 

26歳までは新卒や第二新卒扱いとなる企業が多く、未経験からIT業界に飛び込む場合もスムーズに転職できます。

 

「未経験OK」「既卒可」といった求人は増えていますし、研修制度もしっかりとしていますので安心です。

 

今後のキャリアを積み重ねる第一歩となりますので、26歳以下の若者は転職サイトや求人サイトを使って活動しましょう。

 

転職サイトはマイペースで転職活動を進められるのが大きなメリットで、おすすめのサービスを幾つか挙げてみました。

 

リクナビNEXT:保有している求人数がナンバーワンで転職サイトで欠かせない存在
マイナビ転職:中小企業を中心に紹介している案件が増え続けている
Wantedly:ソーシャルリクルーティングサイトで気軽にベンチャー企業に訪問できる
MIIDAS:あなたの本当の価値を見い出して自分に合う求人を紹介してくれる
Switch:Facebook経由で大手企業を中心にスカウトメールが届く

 

転職サイトによって求人には違いがあるため、複数のサービスに同時登録して転職活動を進めるのも効果的です。

 

20代後半は自主的にスキルを習得する

 

20代後半の年齢でも、未経験からIT業界に飛び込むことができます。

 

前職で培ったコミュニケーション能力を武器にしてアピールすることはできますが、転職の成功率を高めたいのであれば自主的にスキルを習得する方法がおすすめです。

 

プログラミングの勉強を少しでも行っていれば、転職先の企業にやる気や熱意をアピールできるのではないでしょうか。

 

プログラミングを覚える代表的な方法は次の3つです。

 

・プログラミングスクールに通学する
・オンラインで学習できるスクールを利用する
・自分で本を購入して独学で勉強する

 

全くの未経験よりも多少は経験を持っていた方が採用の確率を高めることができますので、まずはエンジニアの登竜門と呼ばれる基本情報技術者試験の合格を目指してみてください。

 

30代以降は転職エージェントを活用する

 

30代以降の中途採用はバリバリと活躍することを期待されるため、20代とは違って転職のハードルは高くなります。

 

そのため、少しでも転職の成功率を高めたい方は転職エージェントを活用すべきです。

 

なぜ転職エージェントに相談して転職活動を進めた方が良いのかまとめてみました。

 

・今の自分のスキルレベルにマッチした求人をプロのコンサルタントやアドバイザーから紹介してもらえる
・キャリアカウンセリングで客観的に自分の強みや市場価値を把握できる
・採用率を高めるための職務経歴書の添削や面接対策などのサポートを受けられる

 

転職から現職の退職まで全てをサポートしてくれますので、IT業界やWeb業界を目指す人はレバテックキャリアに登録してみましょう。

 

レバテックキャリアは専門特化だからこそ高給与や高収入が期待できますので、転職で悩んでいる方は是非一度利用してみてください。

 

レバテックキャリア

 

40代のエンジニアは業界別のニーズを把握する

 

40代のエンジニアが転職で成功するには、業界別のニーズを把握するのが大事です。

 

具体的に業界別でどんな違いがあるのか大まかに見ていきましょう。

 

ソフトウェア:大口案件での実務経験やマネジメントスキルが必須
ネットワーク:特徴的なスキルやPMでチャンスはある
電気・電子:40代でのステップアップ転職は難しい
機械・メカトロ:マネジメントスキルに加えて新規ビジネスの構築の経験が求められる

 

40代の未経験者がIT業界への転職を試みるのはかなり厳しいのですが、特徴的なプロジェクトをまとめた経験や実績のある実務経験をお持ちの方など、光る強みがあれば転職は十分に可能です。

 

まとめ

 

どの年齢にしても、転職サイトや転職支援プログラムを利用すればIT業界に転職できます。

 

実務経験やスキルがあれば、「IT業界への転職は○○歳まで」とは決められていませんので、より良い職場で働くことを目標に努力してみてください。

-エンジニア転職に関する基礎知識, 年齢

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.