エンジニア転職に関する基礎知識 志望動機

IT業界に転職したい人が押さえておくべき志望動機の書き方

投稿日:

IT業界に転職したい人が押さえておくべき志望動機の書き方をチェック!

 

IT業界への転職を考えるに当たり、「志望動機の書き方が分からない」「どう表現すれば良いのか知りたい」と悩んでいる方はいませんか?

 

確かに、志望動機が曖昧だったりインパクトがなかったりすると、人事担当者の心には突き刺さりません。

 

書類選考で落とされて面接に進めない原因となりますので、正しい書き方について学んでおく必要があります。

 

このページでは志望動機の書き方でIT業界に転職したい人が押さえておくべきポイントをまとめていますので、是非一度参考にしてみてください。

 

まずはNGな志望理由について把握する

 

IT業界に限った話ではありませんが、まずはNGな志望理由について把握しておかなければなりません。

 

志望動機や志望理由は、企業が求職者に対して本気度が高いのかどうか見極める材料としています。

 

そこで、不採用となりやすいNGな志望理由を幾つか見ていきましょう。

 

・志望理由が漠然とし過ぎていて本当に入りたいと思っているのか伝わらない
・「人の役に立つ仕事がしたい」「営業の仕事で成功したい」などありきたりな例文を使っている
・会社に入って勉強したいと伝えている(前向きな姿勢をアピールしているつもりでも受け身な人間だと捉えられやすい)
・「給料や福利厚生が良い」など待遇面について気にしすぎている
・今までの経験がただの自慢話になっている(上から目線の態度だと捉えられる)

 

「この人は本当に大丈夫なの?」と採用担当者に思われると、書類選考や面接で落とされる原因となります。

 

意気込みや熱意が空回りしているケースも多いので十分に注意しましょう。

 

なぜIT業界を選んだのか理由を伝える

 

志望動機の書き方で、なぜIT業界を選んだのか理由を伝えるのは大事です。

 

IT業界を志望して転職する人が増えている今だからこそ、自分の特徴や能力、やる気をアピールしなければなりません。

 

自分なりの思いを伝えるのは意外と難しいのですが、次の点を具体的に考えることが大切です。

 

・IT業界に応募して何がしたいのか?
・将来どんなエンジニアになりたいのか?
・志望する会社でどんな活躍をしたいのか?

 

例えば、「要件定義から実装まで一貫してこなせるエンジニアになりたい」と専門用語を使うよりも、「お客様やクライアントの望むことを理解し、要望がプログラムになるまで仕組みを考えて作れるエンジニアになりたい」と志望動機を伝えた方が自分らしさをアピールできるでしょう。

 

もちろん、IT業界と一口に言っても幅広いので、自分が進みたい分野に関する知識や理解を頭に入れておいてください。

 

なぜその会社のエンジニアとして働きたいのか伝える

 

IT業界への熱意が伝わっても、なぜその会社のエンジニアとして働きたいのか突っ込まれることはあります。

 

「これは別にウチの会社でなくても実現できるのでは?」と採用面接で言われて戸惑ってしまう方は少なくありません。

 

つまり、あなたが応募する会社でなければならない理由を伝えるのがコツで、まずは求人情報や会社のHPを読んで次のように箇条書きで挙げてみましょう。

 

・未経験からでもエンジニアとして学べる研修制度がある
・自分が興味を持っているWebサービスの開発を中心に行っている
・エンジニアとしてスキルアップする最先端の設備が整っている
・世の中の役に立てるシステムの開発を行っている

 

全てを書き出した後に共通点を探し、自分の言葉で志望動機をまとめて読み手に伝わるように仕上げるべきです。

 

未経験で転職する場合は興味や意欲を伝える

 

人材が不足しているIT業界では、「未経験者歓迎」「経験なしでも研修制度が充実しています」といった求人が増えました。

 

しかし、経験者と比較すると採用で不利になりやすいため、未経験で転職する場合は志望動機で興味や意欲を伝えるのがポイントです。

 

求人への応募で意欲をアピールすれば書類選考に通りやすくなりますので、具体的にどんな姿勢を見せれば良いのか確認しておきましょう。

 

・志望する企業がどんなサービスを展開していて、どんな仕事を任されるのか理解する
・ITの知識を身に付ける目的で取り組んだ方法を志望動機に交える(プログラミングスクールなど)

 

「貴社の研究制度に惹かれました」と志望動機で書くと、「勉強する目的で会社に入るのかな?」と受け身なイメージを与えてしまいます。

 

そのため、本を読んだりプログラミングスクールに通ったりなど、未経験でも知識を身に付ける努力をしている最中だと応募先に伝えてみてください。

 

▲転職理由から志望動機を考えてみる

 

「なぜIT業界に入りたいのか?」「エンジニアとして何をしたいのか?」と考えても、志望動機が上手くまとまらないことがあります。

 

そんな時は自分の転職理由から志望動機を考えてみましょう。

 

ただし、ネガティブな転職理由を応募先に伝えるとイメージが悪くなりますので、次のようにポジティブな志望動機に変えてしまうのがコツです。

 

・労働時間の長さがネックだった⇒仕事以外の時間が取ることができず、勉強会やセミナーに参加できなくてスキルを上げられないと伝える
・人間関係に不満がある⇒上司がやりたい方向性と自分の意見がミスマッチし、活動に時間がかかったと伝える
・会社の将来性に不安がある⇒事業の縮小でこれから自分がやりたいことができなくなる可能性が高かったと伝える
・年収の低さなど労働条件に不満がある⇒自分の年齢を考えてやりたいことだけでは仕事を続けるのが厳しいから転職を決めたと伝える

 

ネガティブな理由やきっかけで転職を考えるのは普通ですが、志望動機を書く時は本音と建て前を上手く使い分けなければなりません。

 

まとめ

 

IT業界への転職で志望動機を書くに当たり、例文やコツだけでは物足りないので業界研究や企業研究も合わせて行うべきです。

 

IT業界について知らなければ、採用担当者の心に突き刺さる志望動機を書けないことは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

自分で上手く仕上げられない人は、転職エージェントのレバテックキャリアへの相談をおすすめします。

 

IT業界の転職でレバテックキャリアが選ばれているのは、次の3つの企業別対策ができるからです。

 

・企業から高評価を得られる職務経歴書の添削をしてくれる
・採用ポイントや過去の面接内容と照らし合わせて対策できる
・模擬面接で徹底的な準備ができる

 

採用担当者の目にとまりやすい志望動機の書き方も伝授してくれますので、まずはレバテックキャリアに無料登録してみてください。

 

レバテックキャリア

-エンジニア転職に関する基礎知識, 志望動機

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.