エンジニア転職に関する基礎知識 志望動機 自己アピール 転職理由 面接対策

転職活動で失敗しやすいエンジニアの特徴

投稿日:

転職活動で失敗しやすいエンジニアの特徴はこれだ!

 

エンジニアに限らず、転職活動における成功とは前職で働いて満たされない何かを解決できた時です。

 

その何かとは、「給料を上げたい」「残業を減らしたい」などエンジニアによって様々で、より良い職場を求めて転職するのは不思議ではありません。

 

しかし、中には自分の希望を叶えられない人はいますので、転職活動で失敗しやすいエンジニアの特徴を幾つか見ていきましょう。

 

何を実現させたいのかゴール設定が漠然としている

 

自分が転職で何を実現させたいのかゴール設定が漠然としているエンジニアは、転職活動で失敗しやすいので注意が必要です。

 

転職を始める前に目的を考えるのは大事で、その理由をまとめてみました。

 

・何を基準に求人を探せば良いのか分からなくなる
・根本的な転職理由を解決できなくなる

 

エンジニアは比較的転職しやすい職種ですが、あまりにも回数を繰り返していると選択肢が狭まりやすいので気を付けましょう。

 

転職の準備を怠っている

 

転職の失敗の多くは準備不足で、念入りな対策ができていないエンジニアは少なくありません。

 

転職の準備を怠っていると応募先の企業に自分の魅力やスキルを上手くアピールできないため、内定を獲得できない原因となります。

 

そこで、エンジニアが転職を始めるに当たって何から始めれば良いのかチェックしておきましょう。

 

・自分の市場価値を知って年齢によって企業からの評価が変わると把握する
・キャリアの棚卸しを行って簡潔に的確にアピールできるようにする
・面接官が納得できる志望理由を用意する(志望動機を明確にする)
・採用面接で面接官から聞かれやすい質問の回答を自分の言葉で用意する

 

転職は自分のスキルを見直す良い機会ですので、自己分析やキャリアの棚卸しを中心に活動を始めるべきです。

 

一人で転職活動に取り組んでいる

 

日々の業務で忙しいエンジニアは、一人で転職活動に取り組んでいると失敗の大きな原因となります。

 

「夜遅くまで働いた後に求人を探したり面接対策をしたりする」といった生活は大変ですので、転職を成功へと導くために転職エージェントを利用しましょう。

 

転職エージェントに在籍しているコンサルタントやアドバイザーに相談すれば、求人の検索や応募など面倒な手続きを全てあなたの代わりに代行してくれます。

 

一人で取り組むよりも遥かに成功率や内定率を高められますので、転職で失敗したくないエンジニアにはリクルートエージェントがおすすめです。

 

数多くのサービスの中でも長年の実績やノウハウを活かした転職のサポートをしてくれますので、業界最大手のリクルートエージェントに相談してみてください。

 

【リクルートエージェント】

-エンジニア転職に関する基礎知識, 志望動機, 自己アピール, 転職理由, 面接対策
-, , ,

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.