エンジニア転職に関する基礎知識 スキルアップ

転職を始める前に!エンジニアが積極的に行いたいスキルアップの方法

更新日:

転職を始める前に!エンジニアが積極的に行いたいスキルアップの方法はこれだ!

 

エンジニアの転職において他の求職者と差別化を図るために、技術やスキルを磨くのは大事です。

 

常に最新の技術を追い求めることが要求される業種ですので、スキルアップを目指さなければならない理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

また、こんな悩みを抱えているエンジニアにも転職はおすすめです。

 

・今の会社はチャレンジ精神がなくて新しい技術を学べない
・興味のないプロジェクトの穴埋めに使われ続けている
・働いている会社に将来性を感じない

 

そこで、転職を始める前にエンジニアが積極的に行いたいスキルアップの方法を幾つか挙げてみました。

 

高い技術力を身に付けて、「この人材は欲しい!」と採用企業から思われるようなエンジニアを目指してみてください。

 

技術を学び続けることをやめない

 

ITエンジニアやWebエンジニアにとって、技術を学び続けることをやめないのは重要ですね。

 

IT業界は異常なほど流行り廃りの激しい業界ですので、技術力に加えて対応できる業務や開発スタイルは転職で大きなアピールポイントとなります。

 

新しい技術を学ぶために、具体的に何をすれば良いのか幾つか挙げてみました。

 

・自分で解決できない問題が出てきた時に学習サイトや動画サイトを活用する
・情報量の多い書籍を使って一つ一つの内容をマスターするまで繰り返し学ぶ
・業務の幅を広げる目的で設計書や仕様書などのドキュメントを作成する

 

今はニーズのある技術でも、数年後が経過して全く必要とされない可能性も少なくありません。

 

絶えず新しい技術を身に付けるには、書籍やサイトを使って学び続ける姿勢を持つべきです。

 

もちろん、自分が関わっている分野だけではなく、周辺技術の勉強をしてスキルアップを図るのも良いでしょう。

 

勉強会やセミナーに参加する

 

エンジニアのために実施されている勉強会やセミナーへの参加は実に効果的です。

 

東京や大阪、福岡などの大都市では頻繁にエンジニアのスキルアップに繋がる勉強会やセミナーが実施されています。

 

大手ベンチャー企業が主催している勉強会も多く、次のようにあらゆる技術について学べるのが魅力的なポイントです。

 

・プログラミング
・機械学習
・Webマーケティング
・クラウド技術

 

専門的な技術を持つその道のプロフェッショナルから直接話を聞くことができますし、新しいワードや知識に触れて勉強のモチベーションが上がるのもメリットですので、転職活動を始める前に参加してみてはいかがでしょうか。

 

常に手を抜かないようにする

 

エンジニアのスキルアップの方法として、常に手を抜かないようにするのも押さえておきたいポイントです。

 

日々の業務をしていて、こんな経験を持つエンジニアはいませんか?

 

・製品になぜかテスト向けに作ったコードが残った
・製品になぜかプロトタイプ向けに作ったコードが残った
・製品に修正しようと思ったコードが残った

 

製品コードの修正を忘れているケースはありますので、テスト用やプロトタイプ用に書くコードも実際の製品で使えるように手を抜かずに作成すべきです。

 

小さな仕事だからと手を抜いていると良い成果を出せなくなるため、常に最高の結果を目指す努力をしてみましょう。

 

プロジェクト管理スキルを身に付ける

 

転職で成功したいと考えているエンジニアは、単純に技術力を磨くだけではなくプロジェクト管理スキルを身に付けるべきです。

 

エンジニアとして経験を積んでいくと、開発チームのリーダーになって次のような業務を任されることもあります。

 

・タスク管理
・進捗管理
・予算管理
・顧客折衝

 

「本来の仕事とは違うのでは?」と考えている方はいますが、年齢を重ねれば重ねるほど多岐に渡る業務をこなせる人間にならなければなりません。

 

プロジェクト管理スキルは転職活動での大きな武器となりますので、PLや開発リーダーの下で少しずつ学んでみてください。

 

コミュニケーションスキルを磨く

 

単純にエンジニアとしての技術力を磨くだけではなく、コミュニケーションスキルを養うのも転職活動に役立ちます。

 

IT業界で働くエンジニアに対して、「一日中パソコンと向き合ってコードやプログラムを書いているのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

 

しかし、エンジニア一人では仕事が成り立たず、こんな形で他の人との交流が必要となります。

 

・上司や同僚に相談する
・チームや社内外で議論をする
・会議に参加する

 

様々な場面でコミュニケーションが発生しているため、開発業務を円滑に進められるようにスムーズな人付き合いができるエンジニアを目指すべきです。

 

直ぐに身に付くようなスキルではありませんが、相手の話を聴く姿勢を変えたり相手が受け入れやすい話し方に変えたりと工夫をしてみましょう。

 

まとめ

 

実際に転職活動を始める前に、勉強会に参加して技術力を高めたりプロジェクト管理スキルを身に付けたりすれば企業が欲しがる人材になることができます。

 

もちろん、転職先の選び方も重要で、ITエンジニアとしてスキルアップするためにどんな仕事に携わりたいのかマイナビニュースで実施されたアンケート結果をまとめてみました。

 

様々なタイプの案件を数多く携わりたい:51.1%
先端技術を駆使できるプロジェクト:43.8%
上位管理職としてプロジェクトに携わることができる仕事:28.5%
上流工程や請負受託などの案件:27.7%
プロジェクトの規模が大きい仕事:20.4%

 

参考:https://news.mynavi.jp/kikaku/20170721-a004/

 

今の会社でこれらの希望を叶えられないのであれば、転職を視野に入れるべきです。

 

転職エージェントのレバテックキャリアでは、IT業界やWeb業界のエンジニアやクリエイターの転職をサポートしてくれます。

 

レバテックキャリア

 

良質な求人に加えて企業別対策で内定率を高めることができますので、是非一度レバテックキャリアに相談してみてください。

-エンジニア転職に関する基礎知識, スキルアップ

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.