エンジニア転職に関する基礎知識 女性エンジニア

女性がエンジニアに転職するメリットとおすすめの方法

更新日:

女性がエンジニアに転職するメリットをまとめてみた

 

ITエンジニアやシステムエンジニアと聞き、「男性がメインの職業」とイメージしている方はいませんか?

 

職場によっては男性の社員がメインとなりますが、近年では女性のエンジニアも増え始めました。

 

実際に転職サイトの求人情報を見てみると、次のように女性を歓迎している案件がたくさんあることが分かります。

 

・学歴不問で女性も活躍中
・女性管理職登用実績あり
・充実の制度で活躍を後押し
・若手も女性もイキイキと活躍中

 

「女性社員5割以上」といった条件で検索してもたくさんの求人がヒットしますので、「男性ばかりの職場はちょっと・・・」と悩んでいる女性でも安心です。

 

確かに、男性社員と比べて女性社員は体力面で不安が残りやすく、ハードな業務のエンジニアには向かない人もいます。

 

しかし、女性がエンジニアに転職するメリットは幾つもありますので、IT業界やWeb業界で働きたい方は一度チェックしておいてください。

 

性質的な面で女性エンジニアが高く評価されている

 

かつては男社会と言われたIT業界でも、今は性質的な面で女性エンジニアが高く評価されています。

 

だからこそ新卒でも中途採用でも女性のエンジニアを採用する企業は多く、男性社員との違いをまとめてみました。

 

・繊細でコツコツとした地道な作業に向いている
・クライアントに対して柔軟できめ細かな対応ができる

 

女性のエンジニアの数はまだまだ少ないものの、活躍の伸びしろが大きい注目の業界なのは間違いありません。

 

エンジニアは技術面やスキルだけではなくコミュニケーション能力も磨かなければならないので、クライアントとの対応で女性は男性と差を付けられます。

 

肉体労働がなくてデスクワークが中心

 

肉体労働がなくてデスクワークが中心なのは、女性がエンジニアに転職するメリットの一つです。

 

肉体労働が中心の職場で働いている女性の中で、こんな意見を残している方はいます。

 

・どうあがいても男性には適わない
・体力的にキツくて早退することが多い
・肩や腰を痛めてしまう

 

一定の環境が整っているIT業界であれば体力や筋力が求められることはないため、デスクワークは女性が働きやすいのではないでしょうか。

 

もちろん、デスクワークにも「猫背になりやすい」「血流が悪化して肩こりが酷くなる」「運動不足で肥満になる」といったデメリットがありますので、女性エンジニアは作業の取り組み方を今一度見直してみるべきです。

 

女性社員が少ないからこそ優遇される

 

エンジニアは女性社員の数が少ないからこそ、転職で優遇される傾向があります。

 

例えば、女性向けのネットサービスやスマホアプリを開発するに当たり、男性の意見よりも女性の視点や気配りを取り入れた方がユーザーのニーズを叶えられるのです。

 

近年では、「女性だから経験やスキルを評価されない」「男性だから評価にプラスされる」といった傾向は一切ありません。

 

女性にもチャンスのある業界だからこそ、転職で自分の希望の会社を目指すのは選択肢の一つです。

 

スキルを身に付ければブランク後も復帰しやすい

 

1985年に男女雇用機会均等法が制定されてから、女性労働者であることを理由に差別的に扱うことは禁止されました。

しかし、エンジニアに限らずどちらかと言うと企業側は女性を雇用しづらく、結婚や出産で退職する恐れがあるからです。

 

それでも、エンジニアはスキルや知識さえ身に付ければブランク後に復帰しやすいメリットがあります。

 

①エンジニアとしてのスキルや技術をしっかりと身に付ける
②現場から少しの期間に渡って離れていても能力はそこまで落ちない
③別の会社でも有用なので転職したり再就職したりしやすい

 

上記のように女性にとって大きなライフイベントの結婚後の出産や育児の後でも、エンジニアであれば復帰は難しくありません。

 

ブランク後に同じ会社に復帰するのが難しくても、過去のスキルをベースに評価してもらえば別の会社への再就職は可能です。

 

女性エンジニアの転職でおすすめの方法はこれだ!

女性エンジニアの転職では、IT業界やWeb業界に特化した転職エージェントの利用をおすすめします。

 

未経験でも独学でプログラミングを勉強して転職サイトで求人を探したり、転職支援制度があるエンジニアスクールに通ったりするのも選択肢の一つです。

 

しかし、転職エージェントに相談すれば、業界に精通したコンサルタントやアドバイザーがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。

 

女性のエンジニアを積極的に採用している企業や会社を積極的に紹介してくれますので、転職の成功率が高くなるのは間違いないでしょう。

 

IT業界に特化したエージェントは幾つもありますが、その中でもレバテックキャリアが高い人気と評判を獲得しています。

利用者数実績は何と46,000人以上と非常に多く、IT業界やWeb業界の転職で注目されている理由をまとめてみました。

 

・経験豊富なキャリアアドバイザーがパーソナリティや志向性に合う求人を紹介してくれる
・業界動向や市場価値把握で年収が290万円アップした実績を持っている
・求人の登録数は4,000件以上と特化型のエージェントの中でも多い
・企業別で職務経歴書の添削や面接対策を行ってくれる

 

当然のように女性エンジニアの転職のサポートもしてくれますので、まずは公式サイトからレバテックキャリアに無料登録してみてください。

 

レバテックキャリア

 

結婚や出産後にエンジニアを続ける方法は?

女性エンジニアは結婚や出産により、独身時代に描いたキャリアプランが変わることがあります。

 

ブランク後も復帰しやすいのがエンジニアのメリットですが、「本当に現場に戻れるの?」と疑問を抱えている女性は少なくありません。

 

そこで、以下では結婚や出産後にエンジニアを続ける方法を幾つか挙げてみました。

 

・転職サイトや転職エージェントを使って自分を雇ってくれる求人を探す
・「家庭と仕事の両立を諦めたくない」「育児の合間に少しでも働きたい」という女性は時短勤務できる会社を選ぶ
・仕事と育児を両立しやすい環境を作るために、在宅勤務(在宅ワーク)ができるところを探す
・会社に縛られることなく自分で案件を選んで仕事ができるフリーランスに転向する

 

働き方を選べば、育児と仕事を両立しながらエンジニアを続けることは可能です。

 

まとめ

 

以上のように、「手に職を付けられる」「性質的な面で評価されている」「ブランク後も復帰しやすい」と女性エンジニアには幾つものメリットがあります。

 

ハードワークだったり女性の管理職が少なかったりといったデメリットはありますが、エンジニアとしての道を進むのは選択肢の一つです。

 

転職エージェントを利用すれば女性エンジニアをサポートしてくれますので、自分のキャリアプランをゆっくりと考えてみてください。

-エンジニア転職に関する基礎知識, 女性エンジニア

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.