おすすめエージェント エンジニア転職に関する基礎知識 リクルートエージェント レバテックキャリア 外資系

外資IT企業のメリットとデメリット!ITエンジニアが転職するために押さえておきたいポイント

投稿日:

外資IT企業のメリット2選

 

エンジニアやプログラマーで、「外資IT企業で働きたい!」と考えている方は少なくありません。

 

確かに、国内のIT企業とは違って、外資IT企業にはこのようなイメージがあります。

 

・エリート
・高収入
・高学歴

 

全てのエンジニアが望んで転職できるわけではありませんが、スキルアップや年収アップを目的にチャレンジしてみる価値は大いにあるのではないでしょうか。

 

以下では外資IT企業で働くメリットを2つ説明していますので、国内のIT企業との違いをチェックしておいてください。

 

年収を大きくアップできる

 

高給取り職業の代表格が外資系IT企業の大きな特徴で、年収のアップが目的で目指しているエンジニアはたくさんいます。

 

どんなにハードな仕事だとしても、相応の給料さえ貰うことができれば不満を抱えることはありません。

 

なぜ外資IT企業に転職すると高収入が期待できるのか、幾つかの理由を見ていきましょう。

 

・日系企業の同業界や同職種と比較してみると、平均して給与水準が1割~2割程度高くなる
・アメリカでは莫大な資金を投資家から調達して社員に還元している
・男女や年齢の差がない実力主義が重視されている

 

外資IT企業は元々の給与水準が高いだけではなく、個人の成果やスキルがダイレクトに反映するインセンティブ給が採用されています。

 

実力さえ持っていれば大きく稼ぐことができる業界ですので、20代のうちに年収が1,000万円を超えるケースは決して少なくありません。

 

外資系のIT企業によってはインセンティブ給ではなく昇進と共に年収が上がるベース給を採用しているところもありますが、次のように平均年収が高いのは紛れもない事実です。

 

・日本の平均年収は442万円
・国内IT企業の平均年収は492万円
・外資系IT企業の平均年収は601万円

 

他の業界と比べて高給を狙えるため、外資IT企業への転職を考えているエンジニアは増えています。

 

日系企業であれば一生勤めても到達できない年収を若いうちから稼ぐことができますので、自分のスキルや技術力に自信を持っているエンジニアは外資系企業への転職にチャレンジしてみてください。

 

最先端の技術と触れ合うことができる

 

 

最先端の技術と触れ合うことができるのも、外資IT企業で働くメリットです。

 

IT業界は立ち止まることがなく、古い技術が淘汰されて新しいテクノロジーが次々と開発されています。

 

エンジニアとして働くのであれば「今のままで良い」という考えを捨てなければならず、自分から積極的に新しい技術を学ぶ姿勢を見せるのがスキルアップには必要ですね。

 

しかし、世界の最先端を行っている企業は日系では少なく、現在ではアメリカ系のIT企業が独占しています。

 

つまり、外資系IT企業に転職して日々の業務と携わっていれば、次のように技術力のアップが十分に可能です。

 

①「ビッグデータ」「AI(人工知能)」「IoT」など最新テクノロジーに触れる
②日系企業では触れることのできない世界で日々精進する
③自分のスキルを磨いてキャリアアップを目指せる

 

世界中のハイレベルな人材と一緒に仕事ができるのも外資IT企業の魅力で、エキサイティングな環境で切磋琢磨できるのは間違いありません。

 

仮に外資系の企業で一生働かないとしても、国内のIT企業に戻ってきた時に元外資系勤務という肩書きは自身のスキルのアピールに繋がります。

 

国内IT企業であなたの能力を遺憾なく発揮できますので、「今の会社では自分のやりたいことができない」「新しい技術を習得する環境に身を置きたい」と考えているエンジニアに外資IT企業がピッタリです。

 

外資IT企業のデメリット2選

 

年収の高さやスキルアップの機会が多い点に魅力を感じて、外資IT企業への転職を考えているエンジニアは少なくありません。

 

確かに、上記で説明したように日系企業にはないメリットが外資IT企業にはありますが、残念ながらデメリットも幾つかあります。

 

メリットだけに惹かれて転職すると、「やっぱり前の会社の方が良かった・・・」とミスマッチが引き起こされやすいので注意が必要です。

 

ここでは外資IT企業のデメリットを2つ紹介していますので、どんな点が良くないのか確認しておきましょう。

 

国内企業と社風が大きく異なる

 

 

外資IT企業は国内企業と社風が大きく異なるのがデメリットで、「慣れない」「馴染めない」というエンジニアはたくさんいます。

 

具体的に外資IT企業と国内IT企業で、どのような点に違いがあるのか幾つか挙げてみました。

 

・社員の評価制度
・昇給制度
・業務分担制度
・教育制度
・語学スキルや国際感覚

 

中でも社員の評価制度や昇給制度の違いが大きく、定給に比べてインセンティブの割合が高いからこそ結果を残していれば高収入が得られます。

 

一方で成果を出せなかった場合は国内の企業で働くよりも大幅に年収がダウンする可能性がありますので、誰でも入社して高収入を得られるわけではありません。

 

また、個人の能力や技術力で給料が不安定になるのに加えて、外資IT企業では当然のように語学スキルや国際感覚も求められます。

 

英語が話せなければ他の社員とコミュニケーションを取ることができないため、「TOEIC○○○点以上」といった基準を設けているのです。

 

英語力に自信があっても社風に上手く馴染めないケースはありますので、外資IT企業に転職する場合は国内企業と何もかもが異なると頭に入れておきましょう。

 

需要の変化が激しい

 

 

外資IT企業は最先端の技術を学べる代わりに、需要の変化が激しいというデメリットがあります。

 

他の業界と比較し、IT業界は5年間が経過して全体が大きく変化するケースも決して珍しくありません。

 

つまり、トレンドの移り変わりが激しいため、国内のIT企業で働くよりも遥かにキャッチアップが大変です。

例えば、一昔前は売れていた言語のMicrosoft Visual Basicは今は見る影もなく、人気のプログラミング言語は「Python」「Rudy」「PHP」「Java」と変化しています。

 

将来のキャリアアップに向けて努力をしないと置いてけぼりを食らってしまうため、外資IT企業で働くエンジニアやプログラマーは次の知識を追い求めましょう。

 

・インフラやアプリケーションなどの領域
・プログラミング能力や製品知識などのスキル
・通信や金融に関する業界知識

 

表面的なトレンドに惑わされることなく、今後の業界で需要が期待できるスキルや技術を磨くのがポイントです。

 

もちろん、業界全体の変化が激しい点では国内のIT企業も一緒ですので、今の自分に満足せずにスキルアップを目指してみてください。

 

外資ITの代表的な企業

 

外資系IT企業と一口に言っても、日本で知名度の高い会社からさほど知られていない分野で圧倒的なシェア率を誇る会社などたくさんあります。

 

転職先を考えるに当たり、どのような企業の選択肢があるのか把握するのはとても大事です。

 

以下では外資IT企業に転職したいエンジニアのために、代表的な会社と大まかな特徴をまとめてみました。

 

<外資ベンダー>
日本オラクル:ハードウェアからソフトウェアまで取り扱っている米オラクルの日本法人
日本マイクロソフト:Surfaceなどのデバイスからクラウドサービスまで取り扱う企業
日本IBM:米IBMの日本法人でオンライン製品を数多く取り扱っている
日本テラデータ:統合データウェアハウスやビッグデータ分析における世界最大規模の企業
SAPジャパン:企業向け基盤システムのERPを中心に提供している大手ソフトウェア会社

 

<外資WEB系>
Google Japan:誰もが知る企業で、2016年転職人気企業ランキングでは1位を獲得している
Facebook Japan:世界各国で数え切れぬ利用者を有するFacebookを提供している企業
Apple Japan:iPhoneやMacintoshシリーズの開発や販売を行う企業
Yahoo! JAPAN:日本最大級のポータルサイトを運営している企業
アマゾンジャパン合同会社:国内最大のeコマースサイトのAmazon.co.jpを運営している企業

 

<外資コンサルティングファーム>
ブルームバーグ:経済や金融の情報を配信するアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社
アクセンチュア:ストラテジーやコンサルティング、オペレーションズの領域で活躍している企業
デロイトトーマツコンサルティング:クライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングを提供している会社
KPMGコンサルティング:ビジネストランスフォーメーションやリスク&コンプライアンスの分野からコンサルティングを提供している会社
プライスウォーターハウスクーパース:世界158ヵ国にスタッフを有する世界最大級のプロフェッショナルサービスファーム

 

<ITメーカー(ハードウェア・ソフトウェア)
アドビシステムズ:WordやPowerPointなどの製造や販売を行うコンピュータ・ソフトウェア企業
日本HP:ノートパソコンやタブレット、プリンタやITソリューションを製造している会社
DELL:アメリカ合衆国に本社を置く世界最大級のソリューション・プロバイダー

 

自社製品やサービスを保有している外資ベンダー、スマホアプリやクラウドサービスを提供している外資WEB系、企業の経営課題や業務課題を支援する外資コンサルティングファーム、通信機器を製造するITメーカーなど、外資IT企業は複数に分類されます。

 

「外資系企業であればどこでも良い」と考えるのではなく、自分の今のスキルや将来のキャリアを見据えて転職先を決めましょう。

 

外資IT企業に転職するための3つのポイント

 

「自分の今のキャリアで外資IT企業に転職できるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

 

外資系企業と一口に言っても、成り立ちによって次の3種類に大きく分けられます。

 

・海外企業が日本国内で設立した子会社
・日本の企業と海外企業の共同出資で設立された会社
・海外企業に買収された日本の企業

 

どの企業に転職するとしても、国内のIT企業とは異なるスキルや考え方が必要です。

 

ここでは外資IT企業に転職するためのポイントを3つにまとめて説明していますので、「外資系にチャレンジしたい!」というエンジニアは一度チェックしておきましょう。

 

企業研究を念入りに行う

 

外資IT企業だけに限った話ではないものの、エンジニアが転職するに当たって企業研究を念入りに行うのは大事です。

 

応募先の企業研究を怠っていると、以下のような弊害がありますので注意しないといけません。

 

・応募先の企業がどのようなキャリアやスキルの人物を求めているのか見えてこない
・入社して働き始めた後に、「こんなはずじゃなかったのに・・・」といった失敗に繋がりやすい
・採用面接で業務内容に関する面接官からの質問に的確に答えることができない

 

転職後のミスマッチや内定獲得率の低下に繋がりやすいので、応募予定の企業全ての研究が必須です。

 

例えば、日本の企業との共同出資によって設立された外資IT企業は、海外資本の割合が高ければ高いほど本社の影響を受けた仕事の方針となります。

 

つまり、応募先の事業形態によっては、海外資本先の企業の動向も同時に把握して転職活動を進めるのがポイントです。

 

そこで、以下ではどのような方法で業界研究や企業研究を進めれば良いのかまとめてみました。

 

・企業のホームページや求人情報サイトの求人票の隅々まで目を通す
・新聞や業界誌を読んで最新の情報をキャッチアップする
・業界の全体像やビジネスモデルを知る際に役立つ会社四季報を利用する
・知人や友人の話に加えて、口コミサイトで情報を仕入れる

 

企業研究が甘いと、「この人は本当にウチの会社に入りたいのかな?」と疑問を抱かれる原因となりますので、エンジニアの転職活動では絶対に怠らないでください。

 

採用面接で積極的に自己アピールをする

 

実力主義の外資系IT企業では、高い技術力やスキルを持っているエンジニアやプログラマーでないと採用されません。

 

「この人材を獲得すればウチの会社の利益になる」と担当者に思わせる必要がありますので、採用面接で積極的に自己アピールするのが転職の成功の秘訣です。

 

具体的に外資IT企業でアピールしたい技術力やスキル、自分の強みを幾つか挙げてみました。

 

・コンピュータやプログラミングに関する技術的なスキル
・今までの業務で自分が携わってきた経験
・コミュニケーション力や協調性などのソーシャルスキル
・人から言われたことをこなすだけではなく、自ら考え行動する積極性と向上心
・自分の考えを積極的にアウトプットするアピール力

 

「○○○のスキルを持っています」といった説明だけではなく、外資IT企業への転職ではソーシャルスキルや積極性、向上心も大事です。

 

国内IT企業よりも技術の移り変わりが速い特徴がありますので、自ら学ぶ積極性と向上心が大切なのは間違いありません。

 

しかし、「今はまだアピールできる技術力が足りないから、もう少しスキルを身に付けてから外資IT企業に転職しよう」という考えはやめた方が良いでしょう。

 

もちろん、無謀なチャレンジをすべきというわけではありませんが、外資IT企業は特に年齢を重ねるほど次の理由で転職が難しくなります。

 

・基本的に労働時間が長く、ハードワークなので体力的にも精神的にも厳しくなる
・WEB系企業やITコンサル会社は若い年齢で役員まで昇進する(業界全体で若い人が働いている)
・最新のテクノロジーやノウハウを学ばないといけない(年齢を重ねると頭の回転が遅くなる)

 

もたもたしていると転職の機を逃す形となるため、遅くても30代前半までには転職活動を始めてみてください。

 

英語力を身に付ける(TOEICで高スコアを取得する)

 

海外で働く場合だけではなく、外資IT企業に転職する際も英語力(語学力)は欠かせません。

 

必ずしもアメリカ人やイギリス人のようにネイティブレベルの英語力が求められるわけではないものの、年々英語力の必要性は高まっています。

 

なぜ外資IT企業で高い英語力が必須なのか理由を見ていきましょう。

 

・グローバルでナレッジの共有を行っている
・社内に外国人がいると英語で会議が行われる
・社内の公用語を英語と設定している企業が多い

 

英語で全くコミュニケーションを取れないエンジニアは採用の可能性が限りなく低く、「TOEIC○○○点以上」と募集要項を設定している企業が多いからです。

 

個人の英語力を測る目安となるのがTOEIC(Test of English for International Communication)で、英語によるコミュニケーション能力を検定するテストとなっています。

 

外資IT企業で働くために、どの程度のTOEICのスコアを取得すれば良いのか目安をまとめてみました。

 

TOIEC750点以下:求人内容によっては入社可能だが、もう少し英語力を高めてからチャレンジした方が良い
TOIEC750点~850点:ビジネスレベルの語学力が求められていない企業であれば十分に通用する
TOIEC850点以上:基本的なやり取りやコミュニケーションは取れるので問題なし

 

一口に外資IT企業と言っても、技術系の専門職では語学力よりも経験やスキルの方が重要視されます。

 

それでも、英語ができてマイナス評価に繋がることは絶対にないので、まずはTOEIC750点以上を目指して転職の成功率を高めましょう。

 

外資ITへの転職にお勧めのエージェント

 

外資IT企業に転職したいと考えているエンジニアは、転職を徹底的にサポートしてくれるエージェントを利用すべきです。

 

なぜ転職エージェントを使って転職活動を進めた方が良いのか、幾つかの理由を挙げてみました。

 

・外資系IT企業の求人を数多く保有している
・他の求人サイトでは公開されていない非公開求人を取り扱っている
・担当者が求職者のアピールポイントを整理して交渉してくれる

 

一人で転職活動に取り組むよりも、遥かに成功率を高めることができます。

 

このページでは外資IT企業への転職にお勧めのエージェントを紹介していますので、選び方の参考にしてみてください。

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、IT業界やWeb業界に特化した転職エージェントです。

 

「今の会社を辞めたい」「別の企業に転職したい」と考えるエンジニアやプログラマーを徹底的にサポートしてくれます。

 

レバテックキャリアでは非公開求人を数多く取り扱っていますので、外資系企業への転職も十分に可能です。

 

しかも、単純に求職者に合いそうな求人や案件を紹介するだけではなく、次のように企業の内情まで提供して優位な転職活動に導いてくれます。

 

・ボトムアップ形式や教育熱心などのマネジメントの仕方
・職場や同僚の雰囲気
・チームのスキル感
・福利厚生を受ける条件や詳細
・勉強会などのキャリアアップ体制

 

企業別の詳細情報をレバテックキャリアが提供してくれるのは、1年間で累計3,000回以上に渡って現場に足を運んでプロジェクトマネージャーやメンバーとヒアリングを実施しているのが理由です。

 

外資IT企業に転職するに当たって情報を仕入れるのは大事ですので、エージェントサービスのレバテックキャリアに相談することから始めてみてください。

 

レバテックキャリア

 

リクルートエージェント

 

数多くの転職エージェントの中でも、外資IT企業の転職には知名度の高いリクルートエージェントがお勧めです。

 

国内トップの転職エージェントですので、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

以下では、他のサービスとは違うリクルートエージェントの強みやお勧めポイントを幾つか挙げてみました。

 

・高い知名度を活かして外資系を含めた優良企業と強力なコネクションを持っている
・一般の求人サイトには公開されていない非公開求人が10万件を超えている
・IT系や元エンジニアを中心とする優秀なコンサルタントが転職のサポートをしてくれる
・公式サイトではIT/Webエンジニア向けの特設サイトやエンジニア注目企業などの記事が用意されている

 

他社では海外勤務の案件が50件前後なのに対して、リクルートエージェントは500件前後は保有しています。

 

求人数の多さとサポート体制の手厚さが魅力的ですので、リクルートエージェントを利用して転職活動を始めてみましょう。

 

【リクルートエージェント】

 

JACリクルートメント

 

JACリクルートメントは、グローバルのハイキャリア案件に強い転職エージェントです。

 

その証拠として、「外資系IT企業に転職して高年収を手に入れたい」と考えるエンジニアのために、年収1,000万円超えの案件も多数取り扱っています。

 

外資系の高年収・ハイキャリア案件を紹介してもらいたいのであれば、JACリクルートメントの登録は欠かせません。

 

他にも、JACリクルートメントの特徴や強みをまとめてみました。

 

・他社の転職エージェントと差別化を図り、外資系企業への転職支援を得意にしている
・外資系企業の知識や情報を持っているベテランのキャリアアドバイザーが在籍している
・キャリアアドバイザーと採用活動を行う企業担当者とのツーフェイス型を取り入れている
・適性検査対策によって手厚い転職のサポートを受けられる
・海外で働きたい求職者のサポートも行っている(世界10ヵ国に拠点を持っている)

 

特定のスキルや今までの実績を持っている方は、JACリクルートメントに登録して外資IT企業への転職にチャレンジしてみてください。

 

まとめ

 

以上のように、外資IT企業で働くメリットや魅力についてお分かり頂けたでしょうか。

 

「高年収が期待できる」「最先端の情報を学べる」「英語力を身に付けられる」と豊富なメリットがありますので、外資IT企業への転職を目指すのは選択肢の一つです。

 

「本当に自分でも大丈夫なの?」と不安を抱えているエンジニアやプログラマーはいますが、転職エージェントに相談すれば徹底的にサポートしてくれますので、積極的に利用してみてください。

 

-おすすめエージェント, エンジニア転職に関する基礎知識, リクルートエージェント, レバテックキャリア, 外資系
-, , , , , ,

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.