エンジニア転職に関する基礎知識 在宅

在宅勤務ができる企業に転職したいエンジニアにおすすめの方法

更新日:

在宅勤務の企業で働くエンジニアのメリット

 

以前までは、就職は会社が指定する場所で働かなければならないのが当たり前でした。

 

しかし、近年では在宅勤務OKの会社が多く、自由な場所で働いているエンジニアはいます。

 

働き方が多様化している現代だからこそ、エンジニアやプログラマーなどIT業界でも在宅勤務が注目を集めているのではないでしょうか。

 

「フリーランスエンジニアと同じなのでは?」とイメージしている方はいますが、次のような違いがあります。

 

・フリーランスエンジニアは自分でプロジェクトや案件を確保する
・在宅勤務のエンジニアは企業と雇用・請負契約を交わして業務を行う

 

一口に在宅勤務と言っても、「1週間に数回だけ自宅で働く」「会議の時だけ出勤する」など決まりはありません。

 

以下では在宅勤務の企業で働くエンジニアのメリットをまとめていますので、是非一度参考にしてみてください。

 

会社に出勤する必要がない

 

在宅勤務の大きなメリットは、会社に出勤する必要がないところです。

 

自宅で働くことができれば駅まで徒歩や自転車で行ったり、満員電車に揺られたりすることはありません。

 

仕事以外のことで疲れが溜まらないため、エンジニアとしての業務に集中できます。

 

プロジェクトなどのマネジメントは在宅勤務では難しいものの、こんな仕事は自宅でも可能です。

 

・Webアプリケーションやシステムなどの開発
・システムの定期的な運用

 

出勤がないからこそストレスは溜まりませんし、時間と心を大事にしながら働きたいエンジニアは在宅勤務OKの企業に転職してみてはいかがでしょうか。

 

私生活を確保できる

 

在宅勤務のエンジニアは、仕事をしながらしっかりと私生活を確保できます。

 

残業や休日出勤など長期労働を強いられて、家庭崩壊を招くようなケースは決して少なくありません。

 

しかし、在宅勤務であれば自宅で仕事ができますので、介護や育児との両立はとても簡単です。

 

・両親を介護する時間を確保したい
・育児をしながら仕事を続けたい

 

上記のように考えているエンジニアにピッタリの働き方が在宅勤務ですので、私生活を充実させたい方は毎日出勤しなくても良い求人を探してみてください。

 

自分の裁量で休憩を決められる

 

在宅エンジニアは、納期さえ守っていれば自分の好きなように仕事ができます。

 

早朝に起きて規則正しい生活を送るのは良いですし、朝が苦手な人は深夜に活動しても大丈夫です。

 

自分の裁量で仕事の時間や休憩を決められるのは、在宅勤務ならではの大きなメリットなのではないでしょうか。

 

全てにおいて自由だとは言い切れないものの、毎朝通勤する会社員とは違って時間の融通はかなり利きやすくなります。

 

ただし、納期ギリギリになって急いで仕事をしていると高品質なシステムを提供できなくなりますので、計画的に仕事ができるようにしっかりと自己管理してください。

 

作業効率のアップが図れる

 

在宅勤務のエンジニアは一般的なエンジニアと違い、作業効率のアップを図ることができます。

 

なぜ同じ仕事をしていても作業の効率が上がるのか、幾つかの理由をまとめてみました。

 

・私生活にゆとりを持たせることでやる気やモチベーションがアップする
・対面での会議や打ち合わせでコミュニケーションを交わさなくて済む
・自分と相性の合わない上司や同僚との時間を減らせる

 

個人の作業効率が上がれば、結果的に企業全体の収益アップに繋がる仕組みです。

 

人間関係に悩まされずに済む

 

上記でも軽く説明しましたが、在宅勤務のエンジニアは人間関係で悩まされずに済みます。

 

エンジニアとしての仕事ではなく、人間関係のもつれが原因で会社を辞めていくケースは少なくありません。

 

仕事が楽しいのに会社を辞めなければならないのはとても辛いのですが、在宅勤務のエンジニアはそのリスクが少ないのです。

 

うつ病や自律神経失調症といった精神的な病気を患うエンジニアも多いため、今後はテレワーク(在宅勤務)という働き方が主流になるのではないでしょうか。

 

在宅勤務ができる企業に転職したいエンジニアにおすすめの方法はこれだ!

 

在宅勤務ができる企業に転職したいと考えているエンジニアには、転職エージェントの利用がおすすめです。

 

転職エージェントでは収入アップや働き方など、個人の希望に合わせた求人を紹介して転職をサポートしてくれます。

 

在宅勤務OKの求人は転職サイトにもありますが、これらのことを全て自分自身で行わなければなりません。

 

・様々な条件で検索して本当に自分に合う求人を探す
・希望の会社に応募して面接日程の打ち合わせをする
・職務経歴書を作成したり面接対策を行ったりする

 

在職したまま転職活動を行うエンジニアは、中々時間を確保できないことがあります。

 

しかし、転職エージェントであれば面倒な作業を全てコンサルタントやアドバイザーに任せることができますので、自分一人で行うよりも遥かに効率良く活動できるわけです。

 

在宅勤務OKの企業を探しているエンジニアには、保有している求人数が多いリクルートエージェントをおすすめします。

 

数多くのサービスの中でもリクルートエージェントは転職成功実績ナンバーワンという魅力がありますので、是非一度無料相談をしてみてください。

 

【リクルートエージェント】

 

在宅勤務のエンジニアのデメリットとは?

今はGoogleハンズアウトやSkypeなどのテレビ電話、チャットワークやSlackなどのツールを使って自宅にいながらも社内の人間やクライアントとコミュニケーションを取れるようになりました。

 

だからこそ在宅勤務が可能なのですが、次のように幾つかのデメリットがあります。

 

・フリーランスの場合は収入が安定しない
・働く時間が自由だからこそ怠けてしまう
・仕事とプライベートが曖昧になる
・孤独と闘いながら仕事を進めなければならない

 

毎朝満員電車に揺られて通勤しているエンジニアは、「自宅で仕事ができるなんて羨ましい!」と考えるのではないでしょうか。

 

しかし、在宅勤務ならではの問題点もありますので、本当に自分にとって適した働き方なのか考える必要があります。

 

個人によって向き不向きがありますので、今の会社を退職しようと考えているエンジニアは転職エージェントに相談し、どの企業が自分の願いを叶えられるのか相談してみてください。

 

-エンジニア転職に関する基礎知識, 在宅

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.