エンジニア転職に関する基礎知識 転職ノウハウ

営業からエンジニアに転職する上で押さえておくべきポイント

投稿日:

営業からエンジニアに転職する上で押さえておくべきポイントはこれだ!

 

今の会社に不満を抱えていて、未経験の業種や職種にチャレンジしたいと考える方は少なくありません。

 

中でも営業からエンジニアへの転職を目指す人は多く、こんな理由が挙げられます。

 

・将来のために手に職を付けたい
・開発現場に入って仕事がしたい
・大きくキャリアチェンジを図りたい

 

20代など年齢が若ければ若いほど、営業からエンジニアへの転向は可能です。

 

このページでは営業からエンジニアに転職する上で押さえておくべきポイントをまとめていますので、どうすれば成功できるのか見ていきましょう。

 

採用面接で熱意やコミュニケーションスキルをアピールする

 

営業職とエンジニアという全く異なる職業でも、前職の経験を採用面接でアピールできます。

 

「この人材はウチに欲しいな!」と採用担当者に思わせることができれば、未経験からエンジニアへの転職は全く難しくありません。

 

前職が営業職の人は、具体的に次のようなアピールが必要です。

 

・業界や企業の研究を念入りに行ってエンジニアになりたい志望動機を伝える
・プログラミングの勉強をしたり資格を取得したりと熱意をアピールする
・営業職で培ってきた人とのコミュニケーション能力をアピールする

 

営業で自社の商品やサービスをお客様に売り込むに当たり、コミュニケーションスキルは最も大事だと言っても良いでしょう。

 

この能力はエンジニアという職業でも十分に役立てることができますので、営業職の人にとって大きな武器となります。

 

もちろん、「自分はコミュニケーションスキルがあります」と伝えるだけでは説得力がないため、前職の仕事を通して自分が何を学んだのか明確に伝える努力をしてみてください。

 

転職をサポートしてくれるエージェントサービスを利用する

 

頭では分かっていても、企業に自分の魅力を伝えるのは意外と難しいですよね。

 

初めての転職活動となると何から始めれば良いのか迷いやすいので、転職をサポートしてくれるエージェントサービスの利用をおすすめします。

 

転職エージェントに相談してプロのコンサルタントやアドバイザーの支援を受ければ、未経験でも営業職からエンジニアへの転向が可能です。

 

「エンジニア⇒エンジニア」ではなく「営業⇒エンジニア」という方にはリクルートエージェントがピッタリで、他のサービスとは違った特徴をまとめてみました。

 

・転職成功実績がナンバーワンのサービス
・他の転職サイトには掲載されていない非公開求人が10万件以上
・書類の添削や面接対策など充実のサポート

 

あなたにとって理想の職場を見つけられますので、まずはリクルートエージェントに転職の相談をしてみてください。

 

【リクルートエージェント】

-エンジニア転職に関する基礎知識, 転職ノウハウ
-, , ,

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.