おすすめエージェント エンジニア転職に関する基礎知識 エージェント比較ポイント リクルートエージェント 転職ノウハウ

リクルートエージェントを最大限活用する上で押さえておきたい使い方

投稿日:

リクルートエージェントを最大限活用する上で押さえておきたい使い方はこれだ!

 

「転職エージェントに登録すれば何もしなくても転職できる!」と考えている方はいませんか?

 

確かに一人で活動するよりも転職の成功率は高くなりますが、誰でも100%転職できるとは限らないのです。

 

そこで、このページではリクルートエージェントを最大限活用する上で、押さえておきたい使い方をまとめてみました。

 

リクルートエージェントの正しい使い方を把握し、理想の転職ができるように努力してみてください。

 

転職の意思をしっかりとアピールする

 

リクルートエージェントに限らず他の転職エージェントにも該当しますが、転職の意思をしっかりとアピールするのは大事です。

 

今までにたくさんの人を見てきたアドバイザーは、求職者のやる気や主体性に注目しています。

 

「そこまで転職する気はないけど、とりあえずリクルートエージェントに登録してみた」といった求職者がいた場合、アドバイザーはこんな風に考えるでしょう。

 

・この人に求人を紹介しても転職しそうにないな
・面接対策をしても転職しなかったら無駄になるな

 

無料で登録できるからこそいい加減な気持ちや冷やかしで入会する方も多く、売上目標に日々追われているキャリアコンサルタントは求職者の態度によっては距離を取ってきます。

 

つまり、最大限にリクルートエージェントを活用したいのであれば、「良いところがあれば今すぐにでも転職しようと考えています」といった姿勢を見せなければなりません。

 

転職意思の強い人ほど優先して求人を紹介してくれると心得ておくべきですね。

 

担当のキャリアコンサルタントが合わない時は変更を申し出る

 

担当のキャリアコンサルタントが自分に合わない時に、変更を申し出るのはリクルートエージェントの正しい使い方となっています。

 

「申し訳ないから・・・」といった気持ちが先行し、相性が良くないと感じてもそのままサポートを受けている求職者は多いのではないでしょうか。

 

しかし、「業界に関する知識に不満がある」「連絡のレスポンスが遅い」といった問題がある場合は、担当変更依頼フォームから変更の旨を伝えるべきです。

 

以下ではリクルートエージェントで担当のキャリアコンサルタントを変えてもらう時に、押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

 

・今の担当者に敬意を示しながら、できることなら変えて欲しいと低姿勢で伝える
・どういった部分が自分に合わないのか理由を明確に伝える
・次の担当者に転職サポートの何を求めるのか説明する

 

「何となく合わないから変えて欲しいです」と申し出ても、どんな担当者に変更すれば良いのかエージェント側は把握できません。

 

キャリアコンサルタントやアドバイザーとの相性で転職の成功失敗が決まりますので、「IT業界に詳しい方をお願いします」「マメに連絡を取ってくれる人に変えて欲しいです」と自分の希望を伝えてください。

 

エージェントリポート(AGENT REPORT)を活用する

 

リクルートエージェントでは、独自の方法で収集したエージェントリポート(AGENT REPORT)が用意されています。

 

一般の人は閲覧できず、リクルートエージェントで転職のサポートを受けている人だけに与えられる資料です。

 

エージェントリポート(AGENT REPORT)の中には、次のように転職に役立つ情報が詰まっています。

 

ここがポイント:エージェント視点で見た求人の見方や押さえたいポイント
活躍する人材:転職した後にどんな人材が活躍しているのかという情報
企業の特徴:Webサイトで記載されている情報だけが見えにくい企業の内情
仕事のやりがい:企業には直接聞きづらい仕事のやりがいや働く環境
選考について:内定を獲得する上で押さえておきたい選考のポイント

 

業界分析から選考のポイントまで幅広い情報を提供してくれますので、エージェントリポート(AGENT REPORT)を良く読んで転職活動を進めましょう。

 

面接力向上セミナーに参加する

 

転職成功実績ナンバーワンのリクルートエージェントでは、求職者のための面接力向上セミナーが実施されています。

 

採用面接に苦手意識を持っている人や面接対策で何をすれば良いのか分からない方におすすめで、面接をする意味から面接本番の具体的な行動までトータルで伝授してくれるのが特徴です。

 

転職理由や自己PRを踏まえたシナリオの制作法など転職の成功に必要なノウハウを把握できるため、内定獲得率が上がるのは間違いないでしょう。

 

リクルートエージェントの面接力向上セミナーの参加を考えている人のために、大まかな流れをまとめてみました。

 

①新卒採用面接と中途採用面接の違いを知って必勝のポイントを掴む
②面接官の立場をシミュレーション経験して企業がどんな人材を求めているのか把握する
③実際の面接の流れを踏まえて、志望理由や自己PRなどアピールポイントをまとめる
④当日に配られるワークシートを作成して明日からの転職採用面接に備える

 

セミナーを受講した人は受講前と比較し、面接の通過率が15%もアップしたというデータが出ています。

 

模擬面接をしたり周りの人とディスカッションをしたりといった参加型ではなく、気軽に受けられる座学形式で進められますので、リクルートエージェントのマイページから申し込んでみてください。

 

【リクルートエージェント】

 

リクナビNEXTのスカウトサービスを利用する

リクルートエージェントに登録すると、同時に転職サイトのリクナビNEXTにも登録できます。

 

リクナビNEXTのスカウトサービスは転職を考えている方におすすめで、どんなサービスなのか見ていきましょう。

 

・事前にレジュメや希望条件を登録しておくと企業からオファーが届く
・自分で求人を探さなくてもスキルや希望とマッチする企業があなたを探してくれる
・中には非公開求人のオファーもあって転職の可能性を広げられる

 

あなたに興味を持った企業からメールやオファーが届くため、他の求人と比較して内定の獲得率はグっと高くなります。

 

思ってもいなかった企業からスカウトが届けば転職の視野が広がりますので、リクルートエージェントの転職支援とリクナビNEXTのスカウトサービスを併用するのが効果的な使い方です。

 

まとめ

 

あらかじめリクルートエージェントの正しい使い方を把握していれば、効率良く転職活動をして希望する企業の内定をもらうことができます。

 

リクルートエージェントは全国16ヵ所のオフィスで対面による面談が受けられますので、是非一度転職のサポートを受けてみてください。

-おすすめエージェント, エンジニア転職に関する基礎知識, エージェント比較ポイント, リクルートエージェント, 転職ノウハウ

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.