おすすめエージェント エンジニア転職に関する基礎知識 リクルートエージェント 転職サイト

リクルートエージェントとDODA(デューダ)を徹底比較

投稿日:

リクルートエージェントとDODA(デューダ)を徹底比較してみた

 

転職エージェントによる転職のサポートを受けるに当たり、どのサービスを利用すれば良いのか選び方で迷っている方は多いのではないでしょうか。

 

どの転職エージェントも一緒ではなく、様々な点で違いがあります。

 

ここでは国内でも大手と呼ばれているリクルートエージェントとDODA(デューダ)を徹底比較していますので、選び方の参考にしてみてください。

 

求人のタイプの違い

 

リクルートエージェントとDODA(デューダ)を求人数で比較してみると、そこまで大きな違いはありません。

 

どちらも大手の転職エージェントなだけあり、豊富な非公開求人を保有しています。

 

一般的な転職サイトや求人サイトでは公開されていない案件ですので、転職エージェントに登録した方が圧倒的に選択肢が増えるわけです。

 

しかし、求人の数は同じくらいでも次のように求人のタイプに違いがありました。

 

・リクルートエージェント:高い求人開拓力と情報収集力で全ての業界をオールラウンドに網羅している
・DODA(デューダ):若手主体の社員構成でIT業界の企業開拓に強い

 

どちらも総合型の転職エージェントという点では一緒ですので、もれなく情報を集めて転職活動を進めたい求職者にピッタリです。

 

国内拠点数の違い

 

対面で面談(カウンセリング)を受けるに当たり、お住まいの近くに拠点を構えているのかどうかで比較しなければなりません。

 

DODA(デューダ)は東京や大阪を中心に10拠点を構えていますが、リクルートエージェントは16拠点と遥かに多いのが魅力的です。

 

首都圏だけではなく地方にお住まいの方も利用できますので、リクルートエージェントの方が転職エージェントでナンバーワンと言われているのではないでしょうか。

 

リクルートエージェントでもDODA(デューダ)でも電話面談は可能ですが、対面でのカウンセリングと比較するとこんなデメリットがあります。

 

・どんなキャリアコンサルタントなのか雰囲気を掴むのが難しい
・実際に会うよりも上手くコミュニケーションが取れない
・電話する前に質問したいことをメモにまとめなければならない

 

お住まいの場所によってはDODA(デューダ)での対面面談が難しい場合もありますので、リクルートエージェントの方がおすすめです。

 

それに、DODA(デューダ)とは違って平日だけではなく土日や祝日にも対応していますので、まずはオンライン上でリクルートエージェントに無料登録してみてください。

 

【リクルートエージェント】

 

サポート体制の違い

 

リクルートエージェントとDODA(デューダ)では、次のように実施されているサポート体制に違いがあります。

 

<リクルートエージェント>
・各業界に精通したキャリアアドバイザーが希望やスキルに合う求人を紹介してくれる
・内定獲得率を高めるために提出書類の添削や面接対策を行っている
・エージェントが独自で収集した情報で入社前に企業の内情や雰囲気を把握できる

 

<DODA(デューダ)>
・キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人による徹底サポートを受けられる
・応募書類だけでは伝わらない求職者の人柄や志向を企業にアピールしてくれる
・自己PRの方法を中心に面接前後のきめ細かいフォローをしてくれる

 

どちらも転職サイトではなく転職エージェントですので、書類の添削や面接対策など手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

 

しかし、情報収集力で比較しているとリクルートエージェントの方が上で、転職に役立つ企業の情報が詰まったエージェントリポート(AGENT REPORT)を大いに活用しましょう。

 

コンサルタントやアドバイザーの雰囲気の違い

 

リクルートエージェントには各業界に精通したキャリアコンサルタントが在籍しているため、どの業種や職種を目指している方でも徹底的なサポートを受けられます。

 

業界最大手として均質なサービスを追求しているのですが、口コミや評判を見てみるとコンサルタントやアドバイザーに関してこんな意見がありました。

 

・対応が良くも悪くもマニュアル的であっさりとしている
・サバサバとしている体育会系の人が多い
・エンジニア職やクリエイター職で特別なオーダーがしづらい

 

一方でベンチャー気質を持つDODA(デューダ)は柔軟性が高く、求職者に合わせて対応を変えてくれます。

 

相性の合う合わないはありますので、DODA(デューダ)で転職活動を始めるのも選択肢の一つです。

 

まとめ

 

同じように見える転職エージェントでも、リクルートエージェントとDODA(デューダ)で違いがあることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

「○○○の方が絶対に良い」と言い切ることはできないので、比較してみてどちらが良いのか分からなければリクルートエージェントとDODA(デューダ)の両方の利用がおすすめですよ。

 

転職エージェントの掛け持ちは可能で、どんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

 

・紹介してもらえる非公開求人の数が増える
・コンサルタントやアドバイザーを比較できる
・違った視点の面接対策を実施してくれる
・用途に合わせてエージェントを使い分けることができる

 

今よりも更に転職の可能性を広げられるため、「どっちに登録すれば良いのか迷っている」という方はリクルートエージェントとDODA(デューダ)を併用してみてください。

-おすすめエージェント, エンジニア転職に関する基礎知識, リクルートエージェント, 転職サイト

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.