エンジニア転職に関する基礎知識 転職ノウハウ

ブランクありのエンジニアが転職で成功するために押さえておきたいポイント

更新日:

ブランクありのエンジニアが転職で不利になりやすい理由

 

エンジニアは他の業界と比べると、ブランクがあっても現場に復帰しやすい職業です。

 

転職サイトの求人情報を見てみると、次のような案件は幾つもあります。

 

・ブランクや学歴は不問です
・ブランクや転職回数は問いません
・ブランク不問、前給保証でお迎えします

 

結婚や育児で仕事から離れている女性でも、転職活動をして現場に復帰するのは決して不可能ではありません。

 

しかし、他のエンジニアと比較してみるとブランクありだと不利になりやすく、その理由を幾つか挙げてみました。

 

・空白期間があまりにも長いと仕事への意欲がないのではと判断される
・エンジニアやプログラマーは技術の遅れが懸念される

 

企業は少しでも長い期間に渡って働けるような人材を探していますので、空白期間やブランクの長さが不利になると心得ておくべきです。

 

ブランクありのエンジニアが転職で成功するために押さえておきたいポイントはこれだ!

 

このページではブランクありのエンジニアのために、転職で成功するポイントをまとめてみました。

 

転職活動の進め方やアピールの仕方によってはブランクがあっても不利になりにくいので、現場に復帰したいエンジニアは一度確認しておきましょう。

 

在職したまま転職活動を行う

採用側はブランク期間に対して、仕事に取り組む意欲の低下やスキルの鈍化を気にしています。

 

エンジニアは特に最新の技術を追い求めなければならない職業ですので、空白期間を作らないためにも在職したまま転職活動を行うべきです。

 

今の会社を辞めて転職活動を行う方法と比較し、在職したままの活動ではこんなメリットがあります。

 

・転職によって収入が途切れる心配がない
・譲歩せずに希望の企業や求人を探すことができる
・場合によっては現職に留まる選択肢も残る
・転職先を決めてからの退職の申し出であれば慰留を跳ねのけやすい

 

そもそものブランクや空白期間を作らないようにしていれば、転職の成功率を高められるのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

現職に不満を抱いているからといって、感情のままに退職するのは危険です。

 

ブランクの理由をはっきりとさせる

 

転職エージェントのワークポートが企業の採用担当者に実施した調査によると、職務経歴書にブランクがあると不利になるという回答結果が90%を超えていました。

 

しかし、ブランクがあるだけで落ちることはなく、空白期間の理由をはっきりとさせることができれば問題ありません。

 

具体的にどんな理由であればエンジニアの転職で不利になりにくいのか幾つか挙げてみました。

 

・資格を取得するための勉強をしていた
・実家で親の介護をしていた
・他業界で働きながら独学で技術を磨いていた
・フリーランスとしての仕事をしていたから企業での職歴がない

 

もちろん、嘘をついてまで自分の評価を上げようとするのはNGですが、ポジティブな理由であれば採用担当者は分かってくれます。

 

「本当にこの人を採用しても大丈夫なのかな?」と不安を与えないためにも、目的意識や計画的な行動を説明できるように整理しておきましょう。

 

曖昧になっている過去の経験やスキルを見直す

 

エンジニアとしての職業に離れて別の業界で働いていた方は、曖昧になっている過去の経験やスキルを見直すべきです。

 

人間は時間の経過で記憶が薄れていきますので、現役のエンジニアと比べるとブランクのあるエンジニアには不安が残ります。

 

過去の技術や手法が今では使われていない可能性もあるため、次のように転職する前に最低限のスキルを身に付けておきましょう。

 

・守備範囲を広げて新しい周辺技術の勉強をする
・プロの話を聞けるセミナーや勉強会に参加する
・オンライン上のチュートリアルサイトで学ぶ

 

エンジニアとして活躍するにはOSスキルやHTMLスキル、PHPスキルやプログラミング言語など様々な能力が必要です。

 

そのスキルが衰えているブランクありのエンジニアは、書籍やオンライン上の情報を中心に自主的な勉強に取り組んでみてください。

 

転職エージェントに相談する

 

ブランクありのエンジニアは、転職エージェントに相談して転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

 

あらゆる面から転職をサポートしてくれることで、現在では転職エージェントを利用して活動する求職者が増えました。

 

数多くのサービスの中でもリクルートエージェントは実績ナンバーワンで、次の業界や業種に強い傾向があります。

 

・エンジニア
・クリエイター
・プロジェクトマネジャー
・コンサル系
・営業系

 

IT業界の非公開求人も多く、一般的な転職サイトには掲載されていません。

お宝度の高い求人を紹介してくれたり企業別の面接対策をしてくれたりとブランクありのエンジニアの転職をサポートしてくれますので、詳細はリクルートエージェントの公式サイトで確認してみましょう。

 

【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

 

以上のように、ブランクの理由をはっきりとさせたり転職エージェントを活用したりすることで、空白期間を持つエンジニアでも希望の会社に転職できます。

 

「ブランクがあるからどうせ転職は無理・・・」と諦めていても前には進めないので、今の自分にできることから始めてみてください。

 

-エンジニア転職に関する基礎知識, 転職ノウハウ

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.