エンジニア転職に関する基礎知識 面接対策

エンジニアの転職の面接に適した服装や聞かれやすい質問

更新日:

エンジニアの転職の面接に適した服装をチェック!

 

エンジニアの転職の面接において、社会人としての最低限のマナーを分かっていないと採用されません。

 

どれだけ高い技術やスキルを持っているエンジニアでも、服装などの身だしなみで落とされるケースはあります。

 

流石に転職の面接で、Tシャツを着用したり穴の開いたジーンズを履いたりする非常識な人はいないでしょう。

 

しかし、スーツを着用していてもこれじゃまずいという服装で転職の面接に臨む人は意外と多く、具体的な例を幾つか挙げてみました。

 

・ピンク色のワイシャツを着用している
・シャツが出ていてだらしがない
・スーツの上下の色が合っていない

 

エンジニアの転職の面接では、応募企業がラフな職場でも原則としてスーツを着用すべきです。

 

リクルートスーツでもビジネススーツでも良いのですが、私服で出勤している企業でも面接の時にラフな格好をしてはいけません。

 

また、ビジネススーツを着用していれば何でもOKというわけではないので、どんな服装で面接に臨めば良いのか見ていきましょう。

 

・スーツやネクタイ、シャツの色はあまり派手なものにしない
・ネクタイが曲がっていないかどうか確認する
・女性の場合は派手なネイルやメイクを控える

 

面接官はあなたの身だしなみを隅々までチェックしていますので、くだらないことで評価を下げないように気を付けてください。

 

エンジニアの面接で服装以外で押さえておくべきポイント

 

転職の面接で面接官に良い印象を与えるには、次のように服装以外で押さえておくべきポイントが幾つかあります。

 

・男性はロングヘアを避けて短めのショートヘアにする
・寝癖で髪の毛がボサボサになっていないか鏡で確かめる
・爪を綺麗に切りそろえておく

 

「本当に社会人なのかな?」という印象を与えないように、髪型や爪など細かい部分にも気を配るのはエンジニアに限らず他の業種や職種でも一緒です。

 

近年ではビジネスカジュアルを採用している会社も多く、「面接には私服でお越し頂いても構いません」と説明を受けることがあります。

 

「清潔感がある」「ビジネスマナーから外れていない」といった私服であれば大丈夫ですが、どうしても不安な人はスーツで面接に臨んでも良いでしょう。

 

エンジニアの転職の面接で聞かれやすい質問をまとめてみた

 

企業の面接官や採用担当者は、求職者の適性を確認する目的であらゆる質問をします。

 

その質問に上手く答えて良い印象を残せるのかどうかで、転職の成功と失敗が決まると言っても過言ではありません。

 

以下ではエンジニアの転職の面接で聞かれやすい質問や、回答する際の目安をまとめてみました。

 

当社を選んだ理由を教えてください

 

「当社を選んだ理由を教えてください」という志望動機は、エンジニアの面接で絶対と言って良いほど聞かれます。

 

求職者に対して志望動機を質問する理由は次の2つです。

 

・なぜその企業でなければならないのか知りたい
・明確な理由や自分たちの会社に対する熱意を知りたい

 

この志望動機を説明するに当たり、「なぜ○○したいのか」「エンジニアとして何がしたいのか」といった2点を押さえておきましょう。

 

注目されるシステムやアプリを作ったり、スペシャリストとして技術力を磨いたりと人によって回答は異なります。

 

その軸をはっきりと示すことが大事で、「他の会社でも実現できるのでは?」と面接官から突っ込まれないように、自分のビジョンと企業の考えが一致していることもアピールすべきですね。

 

入社したらやりたいことはありますか?

 

エンジニアに対して、「入社したら何かやりたいことはありますか?」と曖昧な質問をしてくる面接官はいます。

 

こんな質問をするのは、仕事に対して意欲を持っているのか知るのが目的です。

 

「あれもこれもしたいです」とズラズラと説明しても熱意は伝わりにくいため、次の点を押さえて簡潔にまとめてみましょう。

 

・今まで自分が経験してきたエンジニアとしてのスキルを見直す
・会社の事業内容や現在進行中のプロジェクトを総合的に判断する
・自分がどんなポジションでどんな活動ができるのか具体的な方針を示す

 

「様々なプロジェクトを経験して幅広い技術を身に付けたいです」といった回答では何がしたいのか分かりづらいので、具体的なエピソードを交えるのがポイントです。

 

あなたの長所と短所を教えてください

 

仕事や業務と直接的に関係する質問ではなく、「あなたの長所と短所を教えてください」と聞かれるケースは多々あります。

 

これは「自己分析を行っているのか?」「短所を改善しようとしているのか?」といった点を知るのが質問の意図で、それぞれの回答のポイントをまとめてみました。

 

・「自分の長所は○○です」と箇条書きで説明するのではなく、業務と関係する具体的なエピソードを盛り込む
・短所は単純に自分の評価がマイナスとなるものではなく、裏を返せば長所となり得る部分を伝える

 

自分のことは一番分かっているつもりでも意外と見えていない部分はありますので、エンジニアの転職では忘れずに自己分析をすべきです。

 

これだけは譲れない拘りを教えてください

論理的思考能力を問う目的で、「これだけは譲れない拘りを教えてください」と面接官から質問されることがあります。

 

もちろん、自分の趣味に関する内容ではなく、エンジニアとしての自分と繋げられる拘りを伝えた方が良いでしょう。

 

上手くまとめられない時は、「なぜ拘るようになったのか?」「なぜ好きになったのか?」という点を自分自身に問いただしてみると答えが見えてきます。

 

面接官から深掘りされることも想定し、自分が答えた内容に論理的な矛盾がないかどうか確認してください。

 

業務で失敗したこととリカバリの方法を教えてください

 

エンジニアに対して業務の失敗談を質問する面接官は多く、次の2つを把握するのが目的です。

 

・アクシデントに対してどう捉えて行動を起こしているのか
・主体的に業務に取り組んでいるのか

 

失敗はウィークポイントと捉える方は多いのですが、誰でも仕事をしていて何かしらのミスが出るのは仕方ありません。

 

失敗自体が悪いわけではなく、同じミスを繰り返さないようにどうリカバリしたのかが大事です。

 

自分の具体的なエピソードを交えて、業務の失敗談や原因、ミスに対する対処法や今後の対策を面接官に伝えましょう。

 

最後に何か質問はありますか?

 

転職の面接では、「最後に何か質問はありますか?」と面接官から逆質問をされることがあります。

 

特に何もなければ無理に質問する必要はないものの、採用面接の逆質問は最後のアピールチャンスです。

 

企業のサイトや求人情報だけでは分からない部分を伺うことができますし、「何もありません」と回答するよりもあなたの会社に対する熱意や想いが伝わります。

 

以下ではエンジニアの転職の面接で聞きたい逆質問の例を幾つか挙げてみました。

 

・御社に求められる人物像や実際に活躍されている先輩の特徴について教えてください
・配属先の一日の業務の流れをお聞かせ願えますでしょうか
・プロジェクトや案件はどのような流れで進めることが多いのでしょうか
・エンジニアを募集されている開発チームにどんなメンバーがいらっしゃいますか
・私と同世代のエンジニアの方はどんなキャリアを積んでこられましたか

 

会話のキャッチボールが広がらない質問や企業のサイトを見れば直ぐに把握できる情報、年収や残業など待遇に関する質問はなるべく避けましょう。

 

まとめ

エンジニアの転職で面接対策は大事ですが、自分一人では上手く進められないことがあります。

 

そんな時は転職エージェントのレバテックキャリアに相談し、コンサルタントやアドバイザーと一緒に面接対策をすべきです。

 

レバテックキャリアでは職務経歴書の添削や模擬面接で企業に合わせた対策を行い、あなたの転職の成功率を高めてくれますので是非一度相談してみてください。

 

 

レバテックキャリア

-エンジニア転職に関する基礎知識, 面接対策

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.