エンジニアの転職の採用面接でスーツが必要な理由

2018/04/29

エンジニアの転職の採用面接でスーツが必要な理由は?

 

エンジニアの転職の採用面接を受けるに当たり、基本的な服装はスーツです。

 

応募する企業がラフな服装の職場でも、特に指定されていなければ原則的にスーツを着用して臨まないといけません。

 

以下では、エンジニアの転職の面接でスーツが必要な理由をまとめてみました。

 

・社会人としての基本的な服装で最も無難(スーツを着ていれば何か言われることはない)
・面接はファッションセンスをアピールするのではなく、面接官に与える第一印象を良くする必要がある
・何の断りを入れずに私服で面接を受けると落とされる可能性がある

 

転職の採用面接で自分の印象を良くするには、面接官がどんな世代でも受け入れやすい服装を選ぶのがポイントです。

 

応募企業で社内の社員がラフな格好をしていても、「面接に私服で臨むのは非常識」と考える面接官も少なからずいます。

 

自信を持って選考に臨むためにも、特別な事情がない限りはスーツの着用が必須だと心得ておいてください。

 

エンジニアの転職の面接でスーツを着用する際に押さえておくべきポイント

 

「エンジニアの転職の面接ではスーツを着用していれば後は何でも良い」というわけではありません。

 

スーツを着用していても、次に該当する服装で臨んでいると確実にあなたの第一印象は悪くなります。

 

・スーツがヨレヨレでシャツにシミが付いている
・ピンク色の派手なワイシャツを中に着ている
・スーツの上下の色が合っていない

 

そこで、以下では面接でスーツを着用する際に押さえておくべきポイントを幾つか挙げていますので、転職を成功させたいエンジニアは一度目を通しておきましょう。

 

・あらかじめクリーニングに出して清潔感をアップさせる
・プリントTシャツや色付きワイシャツは避ける(白で無地のワイシャツがベスト)
・アンダーシャツはVネックやUネックを選ぶ
・ヘアスタイルや爪の伸ばしっぱなしにも気を配る

 

スーツ自体の選び方に加えて、髪型や爪など見た目の身だしなみも皆さんが考えている以上に重要です。

 

いくら高い技術力やスキルを持っているエンジニアでもくだらない部分でマイナス評価がされるのは勿体無いので、採用面接に出掛ける前に身だしなみの最終チェックをしないといけません。

 

求職者の転職を徹底的にサポートしてくれる転職エージェントに相談すれば、服装や聞かれやすい質問などプロのコンサルタントが面接対策をしてくれます。

 

国内最大手のリクルートエージェントはIT業界の案件も数多く保有していますので、エンジニアの転職を成功に導くために一度相談してみてください。

 

【リクルートエージェント】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索
管理人自己紹介

はじめまして。

管理人のレイと申します。

当サイトはガンダム好きの現役エンジニアである管理人が全ての転職を考えているエンジニアにおくる転職情報お役立ちサイトです。

ちなみに自分もエンジニアとして転職(ジョブホップ)を何度も経験し、現在も現役のエンジニアとしてマネジメントもしつつ、最前線で現場にも入りつつ、人事兼務で採用計画の作成と面接もしつつというポジションの為、出来るだけ様々な角度で実態を紹介できればと思っています。

是非ともごひいきにして頂ければ幸いです。

sponsored link




ブログ村
ブログランキング
Feedly

follow us in feedly