エンジニア転職に関する基礎知識 転職ノウハウ

エンジニアの転職にかかる期間の目安!活動を長引かせないために知っておくべきこと

更新日:

エンジニアの転職にかかる期間の目安はどのくらい?

 

「会社を辞めよう」「転職を始めよう」と考えているエンジニアの中で、転職にかかる期間がどのくらいなのか疑問を抱えている方はいませんか?

 

退職してから転職活動を行う場合、あまりにも期間が長すぎると収入が入ってこないので生活費の不安が出てきます。

 

早く再就職先を見つけることで、安心できるのは間違いないでしょう。

 

エンジニアだけではありませんが、以下では厚生労働省が転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間について実施した調査の結果をまとめてみました。

 

転職活動期間なし:25.8%
1ヵ月未満:19.3%
3ヵ月未満:27.2%
3ヵ月以上6ヵ月未満:14.8%

 

参考:http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-h27-gaikyo.pdf

 

早ければ3ヵ月、長くても半年以内が目安で、そこまで長い期間を費やさなくても新しい職場を探すことはできます。

 

しかし、ただ漫然と転職活動を続けていると良い結果が出にくいため、軸を定めて念入りな準備をしなければなりません。

 

前職を退職して無職の期間が延びるほど採用で不利になりやすいので、転職に費やす時間は短いほど良いと心得ておくべきです。

 

エンジニアの転職活動を長引かせないために知っておくべきこと

 

エンジニアの転職にかかる期間の目安は大よそ3ヵ月~6ヵ月で、一般的な活動のスケジュールはこんな感じになります。

 

・2週間~1ヵ月でどのような方向性で進めていくのか転職の準備をする
・約2ヵ月で志望する企業を決めたり面接の日程を調整したりする
・約2ヵ月で退職の交渉や引き継ぎなどの業務を済ませる

 

とは言え、全てがスケジュール通り上手くいくとは限りませんし、「中々書類選考や面接で通らない」といったトラブルが起こることも多いでしょう。

 

そこで、以下ではエンジニアの転職活動を長引かせないために知っておくべきことをご説明していますので、事前に確認しておいてください。

 

転職活動の下準備をしっかりと行う

 

転職活動の期間を短くするだけではなく、希望の会社に入るためにも下準備をしっかりと行うべきです。

 

準備段階から転職して退職するまでの流れを具体的にイメージしていれば、予想外のトラブルが起きても正しい対処ができます。

 

具体的にエンジニアの転職でどんな下準備をすれば良いのか見ていきましょう。

 

・「なぜ転職したいのか?」「転職してどうなりたいのか?」といった目的を明確にする
・自己分析をしてキャリアの棚卸しを行い、自分の強みやスキルを把握する
・会社のホームページや求人サイトを使って企業調査や企業研究を行う
・採用されるために職務経歴書を作成したり面接の対策を行ったりする
・転職フェアや説明会に参加して志望する企業の採用担当者から内情についての話を聞く

 

何も準備をせずに、「とにかく今の会社を辞めたい」という気持ちが先行して退職するエンジニアは、転職で失敗しやすい傾向があります。

 

自己分析やキャリアの棚卸しは面接対策で欠かせませんし、企業研究を徹底していれば入社後のイメージが湧きやすいのです。

 

行き当たりばったりで転職活動をしていると無駄に期間が長くなりますので、まずは自分で転職のスケジュールを立ててみてください。

 

転職エージェントに相談する

 

長い期間をかけずに転職を成功させたいエンジニアは、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

転職エージェントではプロのコンサルタントやアドバイザーが転職のサポートをしてくれますので、一人で漫然と取り組むよりも確実に成功率はアップします。

 

転職エージェントには本気で転職を考える求職者が集まるため、次のように多くのサービスが3ヵ月のサポート期間を設定していました。

 

リクルートエージェント:3ヵ月
DODA(デューダ):3ヵ月
マイナビエージェント:3ヵ月
JACリクルートメント:3ヵ月
パソナキャリア:3ヵ月
type転職エージェント:無制限
アデコエージェント:無制限
レバテックキャリア:無制限

 

中には無制限のサービスもありますが、限られた期間内でもマンツーマンのサポートで自分に合う求人探しや面接対策をしてくれるのが魅力的です。

 

応募する会社の情報も得ることができますので、転職エージェントに相談するだけで企業研究を効率良く進められるのは間違いありません。

 

多くの求職者が短期間で転職を成功させていますので、IT業界やWeb業界などエンジニアの転職に特化したエージェントのレバテックキャリアを利用してみてください。

 

レバテックキャリア

 

求人の増える時期を狙って転職する

 

「今すぐに会社を辞めたい」といった希望のないエンジニアは、求人の増える時期を狙って転職するのも効果的です。

 

企業の求人が増えれば当然のように大企業や優良企業も多く出回りやすく、選択肢が増えれば自分に合う会社を見つけられるまでの期間が短くなります。

 

転職市場が活発化している時期を見極めるのは大事で、以下では転職のベストな時期と避けるべき時期をまとめてみました。

 

・1月~3月、7月~9月は組織の拡充や人員募集が行われることが多いので転職時期に向いている
・4月や12月など新年度直後や年末は企業が慌ただしくなるため、転職活動にはあまり向いていない

 

外資系企業など一部の例外はありますが、転職活動の期間が無駄に長引かないように「1月~3月」「7月~9月」という時期に絞りましょう。

 

複数社に並行して応募する

転職活動の期間が長引きやすいエンジニアは、次のように取り組んでいる傾向があります。

 

①求人情報をチェックして1社に応募する
②その企業が不採用になったら別の求人を探す
③応募の手続きをして採用不採用を確かめる

 

あまりにも多くの企業に同時応募すると1社当たりの対策がおざなりになりやすいのですが、1社ごとに応募する進め方は転職活動が長期化しやすいので注意しなければなりません。

 

他社との比較もできないため、複数社に並行して応募して転職を進めるのがポイントです。

 

まとめ

転職活動の一歩として、入念な準備をしてスケジュールを立てることから始めなければなりません。

 

準備を怠っていなければ無駄な期間を費やすことなく、スムーズに転職ができます。

 

エンジニアはただでさえ日々の業務が忙しくて大変ですので、行き当たりばったりではなく転職の予定を立てて効率良く進めてみてください。

-エンジニア転職に関する基礎知識, 転職ノウハウ

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.