エンジニア転職に関する基礎知識 転職ノウハウ

エンジニアの転職で失敗しないために押さえておきたいコツ

更新日:

エンジニアの転職で失敗しないために押さえておきたいコツはこれだ!

 

エンジニアが転職するには、どんな準備や心構えが必要だと思いますか?

 

この点を把握せずに転職活動に取り組んでいると、次のような失敗の大きな原因になります。

 

・一時の感情で退職したけど中々再就職先が決まらない
・必要以上に転職の期間が長引いている
・自分が求めている会社に入社できなかった
・転職する前よりも状況が悪くなった気がする

 

そこで、このページではエンジニアの転職で失敗しないために押さえておきたいコツをご紹介していますので、活動する前に目を通しておいてください。

 

転職の目的を自分なりに整理する

 

エンジニアに限った話ではないものの、なぜ転職したいのか目的を自分なりに整理しなければなりません。

 

転職で失敗する人の多くは、目的が不明確で行き当たりばったりで取り組んでいる傾向があります。

 

転職活動の始まりはこれからどんなキャリアプランを描いていきたいのかどうかですので、こんな形で前職で抱えている不満を前向きな目的に変えるのがコツです。

 

・新しい技術の採用に積極的ではない会社で成長が見込めない⇒新規事業の参入に積極的な会社に転職したい
・今の開発環境に不満を持っている⇒最新のハードウェアを使って仕事ができる会社に転職したい
給料や年収が低くて生活が苦しい⇒自分の技術やスキルを正当に評価してくれる企業に転職したい
・経営者や会社の方針に共感できない⇒顧客満足を理念として実現できる仕組みを持つ会社で働きたい

 

今の会社や仕事に抱えている不満が何なのか見つめ直せば、自然と転職の目的が見えてくるのではないでしょうか。

 

ポテンシャル採用の多い新卒とは違ってエンジニアの転職の中途採用は技術やスキルが重要となるため、転職の目的や今後どう活躍したいのか考えるべきです。

 

スキルを磨くために努力する

 

未経験からエンジニアを目指す人だけではなく、現役のエンジニアも転職前にスキルを磨く必要があります。

 

常に最新の技術を追い求めなければならないエンジニアは、「このままでいいや」と思った時点でオシマイです。

 

成長することをやめれば希望の会社に転職することはできないので、スキルを磨くために次のような努力をしましょう。

 

・新しいプログラミング言語にチャレンジしてみる
・最新の技術に関する情報を収集する
・参考書やリファレンスで日頃からコードを書く習慣をつける
・個人ブログやTwitterでプログラミングの有益な情報を探す

 

常に向上心を持って勉強に取り組むことができるのかどうかは、転職を成功に導く大きなコツです。

 

エンジニアの勉強会や交流会に積極的に参加する

 

上記でご説明した内容と少し被りますが、転職で失敗しないためには自分のスキルの向上を図らなければならないので、エンジニアの勉強会や交流会に積極的に参加してみてください。

 

勉強会に関する情報はカレンダーやイベントサイト、Twitterなどインターネットで簡単に入手できますよ。

 

TechLIONやBPStudyは東京で開催されている勉強会の中でも人気で、どんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

 

・専門的な技術について熟知しているその道のプロと出会える
・周りの人から刺激を受けながらモチベーションを高めてスキルアップが可能
・エンジニア同士のコミュニティができて人脈を広げられる

 

人脈を広げておけば良い転職先を紹介してもらえる可能性は高いですし、将来的にフリーランスや経営者として独立する予定のエンジニアにもメリットが大きいのです。

 

自分のキャリアの棚卸しをする

 

自分の今までの実績やスキルを応募先の企業にアピールするために、キャリアの棚卸しは欠かさずに行わなければなりません。

 

キャリアの棚卸しとは携わってきた全ての仕事を書き出して整理することで、職務経歴書の作成に役立ちます。

 

具体的な数字など客観的に見ても分かる実績を洗い出して自己PRできれば、「この人はエンジニアとしてウチに欲しい!」と採用担当者に思わせることができるでしょう。

 

以下ではキャリアの棚卸しを行う上で、押さえておくべきコツやポイントをまとめてみました。

 

・まず最初に携わってきた職務経験を書き出す
・実績や周りからの評価も簡潔に記載する
・転職希望先の職務と関連する経験を抽出する

 

忘れていた過去の職務経験が転職先の採用面接で役立つケースもあるため、職務経歴書を作成する前に整理してみてください。

 

転職先の企業の情報収集を行う

 

転職の明暗を分ける要素が情報で、企業について知っていることが多いほど役立ちます。

 

自分が採用担当者だとして、応募してきた求職者がその会社について何も知らない状態だったらどう思うでしょうか?

 

「この人は本当にウチの会社に入りたいのかな?」「転職する熱意がないのかな?」と考えるのは当然です。

 

つまり、転職先の企業の情報収集をきちんと行うのが失敗を防ぐコツで、具体的に何をすれば良いのか目安を見ていきましょう。

 

・会社のホームページや求人サイトの個別ページを良く読む
・会社の経営理念や社長の考え方をチェックする
・会社の主軸となっている商品や業界全体の成長見込みで将来性を比較する
・使用機種や使用ソフトなどの開発環境を調べる

 

求人広告には、「給与などの詳細な採用データ」「採用したい人材像」「研修制度や人材育成の内容」「会社の雰囲気」など役立つ情報が満載ですので、エンジニアとして自分が働きたいのかチェックしておくべきです。

 

転職支援サービスに相談する

エンジニアは人手不足で転職は売り手市場だと言われているものの、初めて活動する人は色々と戸惑ってしまいます。

 

効率の良い転職活動ができなくて想像以上に時間がかかるケースもありますので、転職支援サービスに相談してみてはいかがでしょうか。

 

代表的なのが転職エージェントで、業界に精通したプロのコンサルタントやアドバイザーがあなたの転職を徹底的にサポートしてくれます。

 

なぜ転職エージェントに相談する求職者が増えているのか理由をまとめてみました。

 

・希望要件がはっきりしていなくてもカウンセリングや面談でヒントをもらえる
・自分が希望する条件を元にして優良な求人を紹介してくれる
・職務経歴書の添削や志望企業の面接対策などアドバイスをしてくれる
・面接日程の調節など面倒な手続きを全て代行してくれる

 

何から何まで転職を全面的にサポートしてくれますので、利用しない手はありません。

 

「求人を厳選して紹介してくれる」「電話やメールのレスポンスが速い」「IT業界やエンジニアを得意分野としている」といった担当者のアドバイスを受けながら転職するのは、失敗を未然に防ぐコツです。

 

エンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントのレバテックキャリアでは、企業別の対策や現役エキスパートエンジニアのGitHubフィードバックなどのサポートが行われています。

 

利用者実績が46,000人以上という数値が信頼の証ですので、まずはレバテックキャリアの無料会員に登録してみてください。

 

レバテックキャリア

 

まとめ

 

以上のように、「転職の目的を整理する」「スキルアップを目指す」「キャリアの棚卸しを行う」「転職エージェントに相談する」など、あらゆる点を押さえていればエンジニアの転職の成功率はアップします。

 

年収のアップや労働環境の改善など自分の希望を叶えるためにも、転職のコツを把握しながら活動していきましょう。

-エンジニア転職に関する基礎知識, 転職ノウハウ

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.