エンジニアが転職を考えるきっかけ

2018/04/29

エンジニアが転職を考えるきっかけとは?

 

なぜ転職を考えるのか、他のエンジニアのきっかけが気になっている方はいませんか?

 

同じ業種や職種で働く人がどんな思いで転職を決意するのか知りたいのは当然です。

 

リクナビNEXTで転職したエンジニアに、「なぜ転職しましたか?」とアンケートを取ったところ、次のような結果が出ました。

 

1位:会社からの評価や給与が上がらない(53%)
2位:会社や業界の将来に不安を感じている(40%)
3位:休日の日数や残業時間に不満がある(26%)
4位:会社の人間関係に不安を感じた(25%)
5位:希望する仕事ができないor希望部署に異動できない(24%)
6位:仕事量や雑務が多くなっている(22%)
7位:企業のコア事業や業務から遠ざかっている気がした(13%)
8位:他社にスカウトされた(10%)
8位:社外で通用するスキルが低くなった気がした(10%)
10位:通勤の便が悪かった(9%

 

参考:https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000759

 

どのエンジニアにしても、今の待遇を改善したかったりスキルアップを図りたかったりというきっかけで転職を決意しています。

 

今の会社で働き続けても、うなぎのぼりで状況が一変するとは限りません。

 

むしろ、気を逃すと転職には難しい年齢になっているケースも十分にありますので、より良い職場を求めて転職活動を始めるのは選択肢の一つです。

 

転職を考えたきっかけで活動を始めよう

 

これはエンジニアに限った話ではないものの、転職を考えたきっかけで何かしらの活動を始めてみましょう。

 

「もしかしたら状況が良くなるかも」「我慢すれば待遇が改善されるかも」と自分から待っていても、何も変わらないことはあります。

 

今の職場に不満であれば直ぐに転職した方が良いと言い切ることはできませんが、年齢を重ねると次の弊害がありますので注意しないといけません。

 

①20代のエンジニアであれば人手不足の業界で需要はある
②特別な技術やスキルを持っていなくても採用の可能性はある
③30代や40代と年齢を重ねるにつれて中途採用では高いスキルが求められる
④マネジメント力を持っていないと採用に至らないことがある

 

20代よりも30代、30代よりも40代と選択肢が狭まっていきますので、転職を先送りにするのは避けるべきです。

 

転職エージェントのレバテックキャリアは、日本のエンジニアやクリエイターの転職を徹底的に支援しています。

 

スキルと経験の市場価値を知り尽くしたアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれますので、「転職を始めるきっかけが欲しい!」と考えているエンジニアはレバテックキャリアに相談してみてください。

 

レバテックキャリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索
管理人自己紹介

はじめまして。

管理人のレイと申します。

当サイトはガンダム好きの現役エンジニアである管理人が全ての転職を考えているエンジニアにおくる転職情報お役立ちサイトです。

ちなみに自分もエンジニアとして転職(ジョブホップ)を何度も経験し、現在も現役のエンジニアとしてマネジメントもしつつ、最前線で現場にも入りつつ、人事兼務で採用計画の作成と面接もしつつというポジションの為、出来るだけ様々な角度で実態を紹介できればと思っています。

是非ともごひいきにして頂ければ幸いです。

sponsored link




ブログ村
ブログランキング
Feedly

follow us in feedly