おすすめエージェント おすすめ企業 レバテックキャリア

エンジニアにとって魅力的な募集要項企業ランキング30社

投稿日:

エンジニアにとって魅力的な募集要項企業ランキング30社はこれだ!

 

エンジニアが就職や転職で仕事を探すに当たり、企業と最初の接点を結ぶのが募集要項です。

募集要項の中には、次のように就職してからの働き方を決める重要な内容が記載されています。

・給与
・労働日数
・福利厚生
・勤務スタイル

 

給与や雇用形態を中心に働き始めてからの生活が大まかに分かるため、エンジニアが求人を探すに当たって企業の募集要項は欠かせません。

 

このチェックを怠って入社する会社を決めていると、「思っていたのと違った・・・」という失敗に繋がります。

 

以下では求人票の分かりやすさやエンジニア向けの求人票の個数、人気や知名度に焦点を当てて魅力的な募集要項企業ランキング30社をまとめてみました。

 

募集要項が高ければ仕事内容やスキルにおいてエンジニアが働きやすい環境だと考えられますので、仕事探しの参考にしてみてください。

 

1位:トヨタ自動車(日本の大手自動車メーカー)
2位:ソニー(日本の多国籍コングロマリット)
3位:ラクスル株式会社(印刷物を取り扱うネット通販サイト)
4位:クックパッド株式会社(料理レシピのコミュニティウェブサイト)
5位:GMOペパボ株式会社(インターネット関連サービスを提供する会社)
6位:パナソニック(大阪府に拠点を置く拠点を置く電機メーカー)
7位:ChatWork株式会社(ビジネスチャットツールのチャットワークを運営する会社)
8位:株式会社レアジョブ(業界最大級の生徒数を誇るオンライン英会話)
9位:メドピア株式会社(医師向け臨床支援サービスを提供する会社)
10位:サントリーホールディングス(ビールや清涼飲料水を販売するブランド)
11位:Yahoo!(アメリカ合衆国のインターネット関連サービス)
12位:株式会社ドワンゴ(インターネットにおける総合エンターテインメント企業)
13位:株式会社SKIYAKI(FanTechの分野でマーケットを展開する会社)
14位:株式会社リクルートテクノロジーズ(IT・ネットマーケティングテクノロジーの開発を行う会社)
15位:パーソルキャリア株式会社(転職支援や人材派遣を手掛ける総合人材サービス会社)
16位:楽天株式会社(インターネットサービスを展開する国内のIT企業)
17位:日本マイクロソフト(マイクロソフトコーポレーションの日本法人)
18位:日立製作所(日立グループの中核企業となる日本の電機メーカー)
19位:株式会社サイバーエージェント(Ameba関連事業とインターネット広告事業を手掛ける企業)
20位:株式会社マネーフォワード(資産管理や家計管理ツールを提供する企業)
21位:クルーズ株式会社(インターネットサービスを提供する日本の企業)
22位:株式会社DMM.com(ECサイトのDMM.comを運営する国内の企業)
23位:freee株式会社(スモールビジネスのバックオフィス業務を最適化するサービスを提供する会社)
24位:株式会社ミクシィ(ソーシャルネットワーキングサービスであるmixiを運営する企業)
25位:株式会社リブセンス(東京都の品川区に本社を置くインターネットメディア運営会社)
26位:テックファームホールディングス株式会社(東京都の新宿区に本社を置くITサービス企業)
27位:CBcloud株式会社(マッチングプラットフォームのPickGoを展開する会社)
28位:株式会社エニグモ(世界中の商品を購入できる海外ファッション通販サイト)
29位:ウェルスナビ株式会社(金融商品取引を扱うベンチャー企業)
30位:株式会社LIFULL(住宅・不動産ポータルサイトのLIFULL HOME’Sを運営する企業)

 

その他、求人票の質が高い企業30社はこれだ!

 

上記以外にも、求人票の質が高い企業はたくさんあります。

 

転職サイトや転職エージェントなど人材紹介サービスに登録したり、ハローワークを活用したりすればエンジニアとしてのあなたの希望を叶えられる会社に入社できるわけです。

 

以下ではシステムエンジニアやWebエンジニアにとって魅力的な企業を更に30社紹介していますので、どこが自分に合っているのか比較してみましょう。

 

<企業名 特徴 評判>

1.株式会社マネーフォワード 個人向けサービスのマネーフォワードを提供している会社 昔ながらの日本企業の古き良きスタイルです
2.グリー株式会社 ゲーム事業やメディア事業を展開する日本のインターネット企業 ゲームに愛を持って制作している人が多いです
3.株式会社イグニス スマートフォン向けアプリを制作する企業 チーム外の人とも積極的にコミュニケーションが取れます
4.HEROZ株式会社 AIサービスのHEROZ Kishinで社会課題を解決して未来を切り開く会社 スローガンやビジョンをはっきりと持っている会社です
5.任天堂株式会社 コンピュータゲームの開発や製造を行う企業 仕事とプライベートのバランスを取ってもらえる働きやすい職場です
6.さくらインターネット株式会社 ホスティングサーバの提供を行うインターネットサービス事業 職場の人間関係が良くて責任感のある仕事と携わることができます
7.リックソフト株式会社 情報基盤と製品開発支援ツールを提供している企業 体育会系の職場のように怒号が飛び交うことはありません
8.株式会社Aiming オンラインゲームの企画やプロデュースを行う企業 社員の意見を受け入れる体制が働きやすい理由です
9.株式会社FRONTEO 人工知能のKIBIT(キビット)で未来を創造する会社 社長に媚びる心意気があれば収入のアップは難しくありません
10.株式会社シャノン マーケティング支援市場シェアNo.1の企業 お互いを評価し合う360度評価の導入が大きな特徴だと思いました
11.株式会社スタートアウツ 挑戦する人を応援するWebサービスの開発を手掛ける企業 営業はインセンティブもありますので達成すればかなり稼ぐことができます
12.ウェルネット株式会社 マルチペイメントサービスや請求書発行代行サービスを展開する企業 経営陣の了承を得ることができればやりたいことができる環境です
13.チームラボ株式会社 検索エンジンやインタラクティブハンガーを創っている会社 エンジニアの人は裁量労働制で働くことができます
14.株式会社アイスタイル 化粧品コミュニティサイトのアットコスメを運営する会社 業務量は多いものの、やりがいを感じて成長できる職場です
15.株式会社Kaizen Platform 高速動画制作サービスのKaizen Adを提供している会社 ベンチャー企業にしてはかなり待遇が良いと思いました
16.リックソフト株式会社 情報基盤と製品開発支援ツールを提供している企業 昇給や昇進は売り上げに応じたインセンティブ次第でやる気が出ます
17.株式会社Donuts ゲームとWebサービスを軸に提供している企業 所属したいチームの希望があれば自分で選ぶことができますよ
18.株式会社スタディスト Teachme BizなどのWebサービスや業務改善コンサルティングを提供している会社 人材育成に力を入れている会社だと感じました
19.株式会社ファーストリテイリング ユニクロなど衣料品会社を傘下に持つ会社 社内制度の透明性が高くてギスギスした感じはありません
20.LINE株式会社 NAVERグループの日本で設立された会社 チャレンジを通して自分を伸ばしたい人に向いている環境です
21.株式会社コロプラ オンラインゲームの開発や運営を行う会社 新興企業なので自由な雰囲気を持つ企業だと思いました
22.エムスリー株式会社 医療情報専門サイトm3.comを運営する会社 様々なプロジェクトの提案や検証でスキルを学んでいくことができます
23.株式会社ネクストジェン 電気通信事業やコンピューターシステムの企画を行う会社 社員の自主性を重んじているのでエンジニアにとって働きやすい環境です
24.株式会社カオナビ クラウド人材管理ツールを提供している会社 業界と会社が急成長中でやりがいを実感しながら働くことができます
25.Sansan株式会社 名刺管理サービスや個人名刺管理アプリを提供する会社 明確な目標を会社全体で持っているのが良いと思いました
26.株式会社フィックスターズ マルチコアソリューションを製造・管理しているコンピュータ関連企業 福利厚生や社内制度は充実しています
27.株式会社バリューデザイン カードシステムをASPに提供している企業 インセンティブにやりがいを求める人が多いです
28.株式会社アイキューブドシステムズ モバイルデバイスの開発に特化したエンタープライズモバイルソリューション ハードな職場ですが環境は改善されています
29.株式会社Misoca 納品書管理サービスのMisocaを運営する会社 リモートワークを取り入れている企業です
30.株式会社ニューロスペース 企業の健康経営と生産性最大化を支援している会社 社会問題を解決するための業務が中心です

 

求人票でチェックするべきポイント

 

エンジニアが転職する会社や企業を選ぶに当たり、求人票は忘れずにチェックしないといけません。

 

募集要項がきちんと書けている会社は人材の大切さを把握していますので、従業員に寄り添った経営をしてくれると判断できます。

 

逆に求人票が分かりにくいな~と感じる会社は、募集要項と入社してからの環境が異なるケースがありますので注意が必要です。

 

「自分と相性の合わない会社だったらまた転職すれば良い」と考えているエンジニアはいますが、転職の回数が多くなるほど選択肢が狭まっていくと心得ておいた方が良いでしょう。

 

以下ではエンジニアが求人票でチェックするべきポイントを紹介していますので、転職先の選び方の参考にしてみてください。

 

会社の概要:「社名」「所在地」「資本金」「事業内容」など基本的な情報を最初に目を通す
就業形態:「フルタイム」「パート」「契約社員」「登録型派遣」などの表記を確認する
雇用期間:雇用する期間が定められている会社の場合は、契約更新の有無をチェックする
毎月の賃金:基本給や定期的に支払われる手当てを確認する(面接時にも確認したい)
就業場所:会社の所在地と就業場所が異なる会社は多いので注意が必要
表現の正確さ:「HTML」「CSS」「JavaScript」など取り扱う言語の開発について詳しく記載されている会社が望ましい
開発環境:「言語」「フレームワーク」「ミドルウェア」「インフラ」などの開発環境に目を通す
人物像:「どんな人だと会社にマッチするの?」といった情報が詳しく記載されている
会社の魅力:基本的な情報に加えて自社の魅力や強みについて説明されているかどうか

 

エンジニアやプログラマーなど技術職の場合、企業が求めている人物像は細かくなりがちな特徴があります。

 

入社してからのミスマッチを防ぐには、求人票から背景にある求人の理由や仕事内容をしっかりと読み取らないといけません。

 

毎月の賃金や年収は当たり前ですが、システム開発やインフラ構築など担当領域を中心に応募する前に確認しておいてください。

 

自分とマッチした企業の選び方

 

IT業界には大小含めてたくさんの会社がありますので、エンジニアは自分とマッチした企業の正しい選び方を押さえておくべきです。

 

実際に入社して働いてみないと見えてこない部分も多いのですが、ここではエンジニアのために企業の選び方の目安を幾つか紹介していきます。

 

業界別の大まかな特徴を把握する

 

IT企業と一口に言っても、業界別で大まかな特徴には違いがあります。

 

自分の今後したいことや目指しているキャリアを歩むためには、その特徴を把握することから始めないといけません。

 

以下では、業界別の企業の特徴を簡単にまとめてみました。

 

インターネット業界やWeb業界:新しい技術と触れ合うことができるベンチャー企業が多い
情報処理サービス業界:AIなど新しいシステムやITサービスを作ることができる
メーカー:営業職の割合が多いが、製品技術者以外のエンジニアも在籍している
通信事業者:新しいビジネスに関する技術的支援制度が整っている

 

業界によってキャリアや仕事内容が異なりますので、どのような職場で働きたいのか見直してみましょう。

 

今まで経験してきたスキルを活かせるのか考える

 

転職で新しい分野にチャレンジするのは選択肢の一つで、若ければ若いほどキャリアチェンジは十分に可能です。

 

しかし、今まで経験してきたスキルを活かせる企業の方が転職の成功率は上がります。

 

なぜ別業界よりも同業種や異業種への転職の方が良いのか、考えられる理由を幾つか挙げてみました。

 

・同業種であれば今までの経験やスキルをアピールして採用に繋がりやすい
・異業種では今までの経験を活用しながらスキルの幅を大きく広げられる

 

エンジニアによって転職を決めるまでに得てきた技術力には違いがありますので、求人票の業務内容や仕事内容の項目は念入りにチェックすべきです。

 

「この企業であれば自分のスキルを活かしながらやりたいことができそう!」という会社を見つければ、入社後のミスマッチを減らすことができますよ。

 

転職エージェントのレバテックキャリアに相談する

 

自分で求人票を見ていても、「本当にこの企業は合っているの?」と疑問を抱えるケースは少なくありません。

 

一人での転職で失敗しているエンジニアは多いので、転職エージェントのレバテックキャリアへの相談がおすすめです。

 

レバテックキャリアはIT業界やWeb業界に特化した転職エージェントで、あなたのパーソナリティや志向性に合う求人を徹底的に紹介してくれます。

 

つまり、自分とマッチした企業を選んでくれるため、自ら求人に応募して転職活動を進めるよりも遥かに成功率が高くなるわけです。

 

他の転職エージェントと違い、レバテックキャリアにどんな強みがあるのかまとめてみました。

 

・エンジニアやプログラマーの専門用語が通じるキャリアアドバイザーとカウンセリングを受けられる
・1年に3,000回を超える企業訪問で会社の情報を徹底的に収集している
・他の求人サイトには掲載されていないレバテックキャリアだけの非公開求人が多数
・あなたの希望やキャリアを見据えて幅広い求人の中から合うものを紹介してくれる
・企業別の職務経歴書の添削や面接対策で内定獲得率を大幅にアップできる

 

専門性の高いアドバイザーやコンサルタントが数多く在籍しているサービスですので、転職先の企業選びで悩んでいるエンジニアはレバテックキャリアに相談してみてください。

 

レバテックキャリア

 

まとめ

 

以上のように、エンジニアにとって魅力的な募集要項企業ランキングや求人票でチェックしたいポイント、あなたに合う企業の選び方について説明しました。

 

転職先の企業を慎重に選ぶのはとても大事で、自分の将来を決める要素の一つになるからです。

 

「大手で知名度の高い企業だから安心」と決め付けるのではなく、幅広い視野を持って選ぶことで自分の希望を叶える転職ができます。

 

このページで紹介していない企業の中にも優良な会社はたくさんありますので、自分のスキルや技術の棚卸しを行って転職先を探す努力をしてみてください。

-おすすめエージェント, おすすめ企業, レバテックキャリア
-, , , ,

Copyright© エンジニア転職おすすめサイトエージェント徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.