ITエンジニア転職で絶対に失敗しないおすすめサイト、エージェントランキングTOP17!!

 

ITエンジニア転職で絶対に失敗しないおすすめサイト、エージェントランキングTOP17!!

 

転職は仕事だけでなく人生にとっても大きな節目です。絶対に失敗するわけにはいきません!

 

私も現役のエンジニアとして活動をしていますし、

採用をする側としても求職者の面接をしています。

 

特にエンジニアの転職は、業界によって様々なキャリアルートがあるので、

 

「自分の求めている業界の求人が本当にあるのかな?」

「今は転職を考えていないけど、どんな仕事があるかちょっと見てみたいな。」

「そもそもどんな転職サイト、エージェントを使ったらいいかわからないよ!」

 

などなど、色々と悩みや迷いが生じる事、間違いなしです。

 

実際にこういった悩みを面接の中でも吐露する求職者も多数いました。(感覚的には2割くらいでしょうか?)

 

そんな迷える皆様にこのページでは、

現役でエンジニアとして活動しつつ、人事採用に関わり300人以上を採用してきた管理人

 

下記3点をポイントにエンジニアの転職活動について役立つ情報をつらつらと書いていこうかと思っています。

 

・エンジニアが転職する為の3つの王道ルート

・特定の業界に転職したい人におすすめの転職サイト、エージェント

・働き方で選びたい人におすすめの転職サイト、エージェント

 

あくまで管理人目線になりますが、

このページをご覧になっている画面の前にいる「あなた」の目的にあわせた「答え」を掲載していますので、

必ず今より転職活動の成功が近づいてくると信じています!

 

「絶対に失敗したくない」からこそ、まずは自分の目で見て判断して頂き、

そして行動に移して頂ければ幸いです。

 

 

エンジニアが転職する為の3つの王道ルート

 

一般的な話から入りますが、エンジニアが転職を考えた際には、それぞれ以下の3つの王道ルートがあります。

 

①「転職サイトの活用」

②「転職エージェントの活用」

③「知人からの紹介」

 

ただし当然それぞれのルートの中にも、メリット・デメリットがあります。

 

それぞれのメリット・デメリットを細かく見ていきます。

 

 

「転職サイト」「エージェント」「紹介」を使う際のメリット・デメリットとは?

 

①「転職サイト」を活用しての転職

 

転職サイトの活用は転職活動を始めるにあたって、

一番ハードルが低く、「とりあえず興味がある」といった方におすすめの方法です。

 

メリットとしては、自分の好きなタイミングで活動を進められますので、

豊富な求人からマイペースに自分の求める条件にあった会社、職種を調べる事が出来ます。

 

ただし、その反面、自分が欲しい求人が見つけられずに時間がかかったり、自由であるからこそ転職したい熱が下がって転職まで時間がかかってしまうリスクがあります。

 

メリット 求人数が豊富、マイペースに転職活動を進められる!!
デメリット 自分が欲しい情報が見つけられない、転職活動が長引くリスクあり

 

後、ここが一番重要だと思いますが、面接していて、質問してみると

 

「他の会社の事はよく知らない」

「業界全体を見て自分のいる会社がどのポジションにいるのかわからない」

 

という人がいます。(感覚的には半分近くに上るかと思います。)

 

採用する側から見ると、志望者がちゃんと会社比較をしてこないと

「また同じ事(転職)を繰り返しそうだな」と思います。

 

これだけでもう一発アウトに近いです。

 

転職会議やVorkersなど、企業の内情を調べるサイトはいくらでもあるので

その努力すらしていないで何となく転職活動しているのかなと思い、

もうそこだけで(自分は)話を聞く気がなくなります。

 

まずは転職サイトに登録して、時間を見つけて転職サイトの担当者に会ってみて

大きく網をかけておく、という使い方が一番おすすめかと思います。

 

また、会社比較に関しても関連記事があるのでどうぞ!

 

エンジニアにとって魅力的な募集要項企業ランキング30社

 

 

②「エージェント」を活用しての転職

 

エージェントを活用した転職方法は、

「短期間でスムーズに転職したい」といった方におすすめな方法です。

 

エージェントとは無料で相談に乗ってくれる転職活動のサポーター(代理人)です。

 

また、履歴書の書き方や模擬面接など手厚いサポートや面接の日程調整、直接企業に言いにくい年収の金額交渉も文字通り代理でやってもらえます。

 

ただ、一方で自分の要件を伝えきれない場合、エージェント自身がおすすめしたい求人に流されてしまい自分が本当に望んだ転職が出来なくなってしまうリスクもあります。

 

メリット 自分の希望にあった求人を紹介してくれる、

企業とのやり取りを代理でしてくれる!!

デメリット 要望をきちんと伝えられないとミスマッチになる

 

管理人としては、

ここの企業に行きたい!という意思が固ければ固い程、

エージェントを使う方がいいと思います。

 

なぜかというと、採用する側としては

結構、志望者が何を言っていたか、どれくらいの熱意をもって面接に臨んでいたか

 

「忘れてしまう」んです。笑

 

よっぽど、「この人!」と思っていれば話は別ですが…

 

そこを補ってくれるというか、助けてくれるのがエージェントなのです。

 

面接の中では言いにくい事(給料の話)もありますし、

伝えたい事が面接の場だけでは全て伝えられないですし

追加で聞きたい事も当然後から出てきます。

 

「ああ、あの人良かったなあ!」

「でも、ちょっと待ってここだけは最後に聞きたい!」

 

という時にエージェントによく相談します。

 

エージェントは求職者側にとってもメリットがありますが、

採用側にとってもメリットがあるので

早く確実に転職を決めたい人にはおすすめですね。

 

 

 

③「知人からの紹介」を通しての転職

知人からの紹介を通しての転職は、あなたの仕事ぶりや人格面を既に知っているので

選考がスムーズに進むという点があります。

 

逆にあなた自身も知人が働いている企業の情報を手に入れやすく

働いた際のイメージがつきやすいでしょう。

 

「具体的に自分がその企業で働いているイメージが持てている」といった方におすすめな方法です。

 

しかし、現在の知人との関係性を気にするあまりオファーを断りにくくなり、不幸を招くリスクもありうることを念頭に置く必要があります。

 

メリット 選考がスムーズに進む!!
デメリット 人間関係を気にするあまりオファーが断りにくくなる

 

私も、何人か誘って自分の転職先の企業に採用しましたが、

当然ですが、一番楽ですね。笑

 

採用する側もどう使うかイメージできますので。

どの資格を持っていて、どういう事が出来て、という事が細かくわかりますし

承認も取りやすいので。

※一応資格の話が出たので、以下に関連記事を貼っておきます。

 

 

IT資格の種類をまとめてみた!エンジニアが絶対に取るべきおすすめはこれだ!

ITエンジニアの種類は?仕事内容と取得したい資格

 

このルートがあり、

誘ってくれている人が自分の信頼のおける人であれば

条件面はあるとしても、一番オススメできる方法かもしれないです。

 

・・・私が誘って転職してくれた人たち(元部下)はどう思っているのかはわかりませんが。笑

 

今度話を聞いてみて、

本音を話してくれればその記事をアップします。笑

 

転職に対する”温度感”でどのルートを使うか決めよう!

 

 

前項であげた通り、どの転職ルートも良い面と悪い面があります。

 

では、どうしたら絶対に失敗しない転職活動が出来るのか?

 

自分はどのルートで使うのがベストなのか?

 

答えは、「転職活動に対する今の自分の気持ち(温度感)でどのルートを使うか」決めたら良いと思います。

 

結局、自分がどの程度転職について今、本気で考えているかだけなんですよね。

 

きっと気持ち(本気度の度合い)としては、3つ。

 

それぞれの本気度合いに合わせて実体験も合わせて

どんな転職ルートがおすすめか考えてみると以下のようになるかと思います。

 

目的 サイト エージェント 紹介
今すぐにでも転職したい
良い案件があれば転職したい ×
転職には興味があるが情報収集だけしたい × ×

 

如何でしょうか?

 

自分はどの段階にいるでしょうか?

 

私は、認識した時はいつも「今すぐに転職したい」と思う派でした。笑

 

①「今すぐにでも転職したい」方は!!

 

「エージェント」の活用、「知人の紹介」のルートで行きましょう。

 

もうこれしかないです。正直。

 

今すぐにでも転職をしたい方は、「これがしたい!」「こんな職場が良い!」

「条件はこのくらいで…」というイメージが出来つつある状態だと思うんです。

 

「エージェント」であれば、あなたが持っているイメージに合わせた求人を

紹介してもらえるので自分の希望にマッチする可能性が高くなります。当たり前ですが。

 

更に面倒臭い調整事もあなたが働いている時間にやってくれるので

スピード感を持って転職活動を進められます。

 

この段階(温度感)にいるあなたは自分の要望をうまく伝えられず、

ミスマッチしてしまうというデメリットもクリアできるかと思われます。

 

もし、もっと幅を広げて求人を見てみたい、

という気持ちがあれば「転職サイト」を活用して、

情報収集や応募をしみても良いと思います。

(というかこのプロセスを通らないとそもそも面接官に評価されないかと思いますが…)

 

「紹介」であれば、情報を取りやすい位置にいるので

ガンガン知人に会って話をしてイメージを固めると良いと思います。

 

 

②「良い案件があれば転職したい」方は!!

 

この段階にいるあなたは、恐らく「こういう条件の会社があったらいいのになあ」と

漠然とイメージは持っているものの具体的な情報がつかめていないので

モヤモヤしている状況なのだと思います。

 

どんな会社がどんな求人を出しているのか?

 

その求人は現在自分がおかれている状況と比較して良いのか悪いのか?

 

まずは、”知る”事が重要だと思います。

 

その為に時間をかけても良いと思います。

 

そんなあなたには、「転職サイト」を活用する事がおすすめです。

 

自由に自分の気持ちの向くままに色々な求人を見てみましょう。

 

そこで「これは!」という求人があったならそのまま応募しても良いですし、

 

面接対策やもっと詳しい話を聞きたいという事で不安があるのならば

「エージェント」に登録しても良いと思います。

 

「エージェント」と話をする中で「自分はこんな風に考えていたのか」と

イメージが具体化される事も多々あるので「転職サイト」と「エージェント」の両方で

転職活動の進め方を考えてみましょう。

 

ここで言えるのは、

まずは「量」「量」「量」です。

※情報量の事です。

 

シャワーを浴びるように、自分の価値観とあわせて

企業の情報を収集していきましょう。

 

 

③「転職には興味があるが情報収集だけしたい」方は!!

 

現在この段階にいるあなたは、

「そこまで現在の仕事環境に不満は無い、あるいは妥協できる」状況にあるのだと思います。

 

しかし、

 

「今よりもっと良い条件の就職先があるのではないか?」

「これからのキャリアを考えると不安になるけれども自分自身で何に向いているのか?」

「そもそもやりたい事が何なのかわからない!」

 

という事があると思います。

 

私個人の考えですが、ぶっちゃけ

 

「焦る必要はない」と思います。

 

というか転職の為の活動をする事すらやめた方がいいと思います。

 

管理人が実際にやった事としておすすめなのは、

 

好きなものに触れ、好きな事をして、好きな時間を過ごし、

好きな人々と触れ合う事。

 

そしてそのあと、現実(今の職場)に帰ってみてきてください。

 

そこで「対して今の環境も悪くないじゃん」と思えばそのままでよい。

そこで「充実していない」と直感的に思えば動けばいいのです。

 

ただ、状況はいつ変わるかもわかりませんし

いざスイッチが入った時は「初動」が勝負なんです。

 

このカテゴリにいるあなたには、

とりあえず「転職サイト」に登録しておく事もいいかもしれません。

 

今具体的な行動に移さなくて構いません。

 

ただし、「逃げ道」は残しておきましょう。

 

 

如何でしたでしょうか?

 

随分管理人の独善的な事が入ってしまいましたが。苦笑

 

以上、転職のためのルートは3つあるかと思いますが、

 

はっきりと言えることは、

 

自分の気持ちに正直になって転職に向き合わないと転職活動は必ず失敗するという事です。

 

自分の転職活動に対する今の気持ちはどのくらいの”温度感”なのか考えながら

 

「どのルートで自分はアクションを起こしていくのか?」

 

漠然とでも良いのでイメージを持ちながら次項からの内容に目を通してみて下さい。

 

特定の業界に転職したい人におすすめの転職サイト、エージェント8選

 

このカテゴリでは、業界、分野別におすすめできる

転職サイト、転職エージェントを口コミも含めて紹介していきます。

 

また、注意事項でもなんでもないのですが、

一応、こんなサイトを見てくれている人に説明しておきたいのは、

 

ここで紹介しているエージェントや転職サイトは、

 

求職中に管理人が自ら使ったもの。

 

あるいは、採用する側になって自ら使っている転職サイト、

エージェントを厳選しています。

 

つまりは、質は保証するという事です。

 

また、各転職サイト、転職エージェントの評価軸は

私の独断と偏見ですのであくまで参考程度にしてくださいませ。

 

全ての転職者に祝福を。

 

では、ご覧ください。

 

ソフトウェア、アプリケーション、サーバー

レバテックキャリア   エージェント



項目 評価
提案力 ★★★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★★★

 

口コミでの評判が抜群のレバテックキャリア

 

私が初めて転職活動を始めた時に使った転職エージェントでもあり、

私が初めて内定をもらった転職エージェント様でもあります。

 

内定の決め手となったのは、

 

①自分の志望している企業だけでなく、業界全体の動向を教えてくれた為、

 面接における「他社比較」の為の理論武装が出来た

②自分の志望している企業における組織毎のミッション、実務の流れを具体的に教えてもらう事で

 自分に求められているスキルとそれに応える事が出来るアピールポイントが明確にできた。

③②のおかげで、面接で「明日から働けます!!」という状態になった

※このセリフは、本当に面接で直接言いました。笑 面接官も笑っていましたが。

 

ここで言いたいのは、決め手となった情報や判断軸を

全て一人のエージェント(担当についてくれた方)が提供してくれた事が大きかったという事です。

 

業界全体の動向を抑える幅広い知識と経験、

内部の事情にまで精通する特定の企業に対する深い理解が無ければ

なせる所業ではありませんでした。

 

これは、転職活動という事を抜きにして単純に業界の勉強にもなりました。

 

一人ひとりの個性や持っているスキルに関しても

親身に相談に乗って聞いてくれるので

「アピールポイントはここだ!」というのも一緒に考えてくれるので

自分としても自信をもって面接では喋れたのは

上手いやり方だなあと思っていました。

 

また、そもそもの転職活動を進める上でのはじまりから終わりまでのスケジューリングまで

立ててもらったので本当にスムーズに転職活動が進みました。

※当時のご担当頂いた方には、本当にお世話になりました。。

 

また、自分の感想だけでもなんですので

一般的に聞こえてくる口コミ評価も調査してみましたが、以下のような評価でした。

 

「担当者の知識レベルが他とは比べ物にならない」

「自分の要望だけでなく、自分の性格も踏まえた上でそれに合う企業を紹介してくれたのが良かった」

との口コミが証明するように転職者にマッチする求人の提案力は非常に優れていると言えるでしょうね。

 

また、IT業界内では最大級の案件を保有しており、

特に関東での保有案件数は圧倒的でした。

 

 

特にソフトウェア、アプリケーション、サーバー関連の求人数が全体の7割程を占めているので、

技術スキルがある方は引く手あまたの状態となるかと思います。

※自分が置かれている状況もあわせて思うに、本当に足りていないんです…皆さんお願いします。涙

 

明確にこういう事がやりたい!と決まっている方はまず相談してみるのがおすすめです。

 

自分が期待した以上のサポートをしてくれること確実です。

 

登録者数増加中!SE・テストエンジニアで働くならソフトウェアジョブズ

 

こちらは、日本でも有数のテスト・品質案件に特化した案件紹介サイトです。

 

IoTやAIといったIT市場が伸びていくに伴い、必ず品質というところが、

今後、不可欠な要素になっていきます。

 

そのためテスト・品質のノウハウを学ぶことができ、

ITエンジニアにとって今後のキャリアチャンスがより広がります。

 

現在、ITエンジニアで働かれている方のキャリアチェンジ・キャリアアップ、

またIT分野のプロジェクトマネージャーやリーダーの役割の方々でも

テスト設計や案件をご紹介できます。

 

また、ITエンジニアが選ぶ利用満足度1位に選ばれているサイトです。
※2018年1月時点

そのためより多くのITエンジニアの方々が当社を経由し、

キャリアチェンジ・キャリアアップをされており、

そのためサポート体制も充実しています。

 

特にシステム開発を経験されている方は優秀であればあるほど20代後半から

自身のキャリアに対し、このままで良いかと迷われる方が多くおられます。

 

その際、テスト工程や品質に対する考え方・スキル知る・身につけることで、

マネジメントポジションはもちろん、

品質分析担当や品質コンサルタント、PMO支援担当といった、

開発工程の上流工程へ参画する道が大きく開けます。

 

ソフトウェアジョブを経由し、多くの方々がその道を切り開かれています。

 

また、上記のようなポジションに就かれる方は対しては、

60万/月以上の報酬をお支払いすることも珍しくありません。

 

転職活動をする事自体に迷いがある人におすすめの転職サイト、エージェント2選

誰かに相談しながら自分の転職活動の方針を決めたい

【リクルートエージェント】 エージェント


項目 評価
提案力 ★★★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★★

 

言わずと知れた「転職界の巨人」リクルートです。

 

その知名度と実績から求人数は随一。

 

公開されている求人数だけでも7,000件以上、

非公開の求人数も合わせると約25,000件以上とも言われています。

 

ITエンジニア業界は当然の事として幅広く求人を取り揃えているので

「キャリアの棚卸をしたい」「そもそも転職活動をどう進めるのかわからない」

という方はまず面会してみると良いと思います。

 

人材輩出企業と言われる程ですので、どの担当も優秀で当たり外れがありません。

 

管理人も何回もお世話になりましたが、

業界に対する理解ももちろんのこと、

各企業に対しても深く入り込んでいるので内部の悪い情報も良い情報も含めて安心して話を聞けました。

 

まず「会ってみてそれから決める」というスタンスで気楽に転職活動を進めたい人におすすめかもしれません。

 

本音を言いますと、やはり、「王道」を狙うのであれば、

リクルートに登録するのは必須かもしれません。

 

転職者にとって一番気になるのは、

「基準」だったりませんか?

 

例えば、

「今は、転職者にとって売り手市場なのか?買い手市場なのか?」

「募集要項で出ている条件って、今の状況では普通なの?」

 

リクルートはその点、多くの企業とコンタクトをとっており、

内部的にも情報共有がしっかりしているので「相場」が見えます

 

リクルートを基準として、

転職活動をするのが世間一般の尺度を知れるという意味では

登録・あるいは話を聞いて動向をしっておくというのは必須だと個人的には思います。

 

マイナビエージェント


項目 評価
提案力 ★★★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★★

 

こちらも言わずとしれたリクルートと双璧をなす「マイナビ」です。

 

電車通勤されている方は良く社内で

広告塔である大泉洋さんの姿を見かけるのではないでしょうか。

 

特徴はぶっちゃけリクルートと似通っています。

 

こちらも豊富な求人数、質の良いエージェントが用意されており、

話をするだけでも何か得るものがあるという状態を作れるのは流石だと思います。

 

リクルートとの差別化点があるとしたらそれは特に

「20代から30代の求人に強いところ」。

 

第2新卒の方、社会経験もそれなりに積んでこれからの将来を考えた時に

「このままでいいのか?」と一度でも考えたことがある方はまず登録して、会ってみましょう。

 

そういったシチュエーションにいる方に必要なのは「対話」です

 

会話していく中で客観的な意見を常に出してくれるので

これからのキャリアを自分がどう考えているのか、出発点とゴールが見えてくるはずです。

 

個人的な感想だけにすぎませんが、

リクルートと比較して個人面談の際に非常に長く時間をつかってもらった印象があります。

 

どうしてそう思ったのか?

過去の経験からそう思うのか?

これからどう変わりたいか?

それはこの転職先にマッチングしていると思うか?

それは具体的にどういった点か?

 

少々、「ウッ・・・考えが足りていなかったかもしれない」と

一時的にその場での負荷はかかったものの、

この問いかけを丁寧にやってもらったおかげで

自分の意志も明確にする事ができましたし、しゃべる練習にもなりました。

 

私も知り合いがいたので何でしたが、

やはりこの対話による人間の欲求、動機の掘り起こしをする事。

 

それに気づかせてあげて最適な転職先、方法をすすめる事。

 

というのがマイナビの差別化だという事を言っていました。

 

転職する際にみんな悩みますよね?

 

俺が本当にしたい事ってなんだろう?

どうしてそう思ったんだろう?

それをどう表現したらいいんだろう?

 

そんな個人個人の悩みを明確にしてくれるという事ではナンバーワンかと

個人的には思います。

 

そこがエージェントを使うメリットなのですが

それを最大限発揮していると言えるでしょう。

 

まず会ってみてはどうでしょうか?

 

Web、デザイナー

WORKPORT エージェント
 


項目 評価
提案力 ★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★

 

Web、デザイナー系でしたらワークポート一択です。

 

求人数では業界内の転職エージェントの中でもダントツです。

 

また、転職コンジェルジュもエンジニア経験がある人が多く

現実的なアドバイスをもらえることも特徴です。

 

また、ワークポートを利用した転職者が口をそろえて言うのが、

「転職コンシェルジュの知識量が凄い!!」「返信が丁寧で早い!!」という事。

 

ワークポート自体が他エージェントと差別化を図っているのが

まさにこの転職コンシェルジュの質の部分なので

安心して転職活動のサポートを任せる事が出来るでしょう。

 

業界にも精通しているスタッフなので相手企業の内部情報と照らし合わせて

転職者をサポートしてくれるのでミスマッチも防ぐ事ができることが最大の魅力です。

 

早く転職したい!環境を変えたい!と思っているあなたにおすすめです。

 

【TechClipsエージェント】  エージェント 

項目 評価
提案力 ★★★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★

 

ITエンジニアの中でも高年収、高待遇に特化した求人を紹介しているところが特徴です。

 

一番重要なポイントはなんと

「現職エンジニア」が来社した人にキャリアアドバイス、技術査定をしてくれるところです。

 

エージェント自身が紹介したい企業ではなく、

ユーザー目線に立って親身にアドバイスしてくれるので

相談者としては非常にホッとするのではないのでしょうか?

 

口コミでも

「現実的な目線に立ってアドバイスしてくれたので助かった!」

「これからのキャリアに希望が持てた!」

という声が多いです。

 

紹介案件としては、

サービス運営している企業の紹介に特化しています。

 

業績が良く安定したサービスを提供している企業の紹介が多いので、

長く腰をすれられる転職先がきっと見つかると思います。

 

一度、登録してみては如何でしょうか?

 

※今なら転職お祝い金のサービス中みたいですよ…(ボソッ)

 

【Tech Stars Agent】  転職サイト、エージェント

項目 評価
求人数 ★★★★
サービス充実度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

 

最大の特徴は、求職者が求人を探す従来の転職活動の進め方ではなく

「登録して企業からの『会いたい!』を待つ」サービスであるところです。

 

ITエンジニアに特化したプロフィール入力での【高いマッチング精度】が期待できる為、

良いオファーを待つだけの【時間効率】と【都合の良い転職】を実現しているところは

最大のウリであるでしょう。

 

現職につきながら好条件のオファーが来るまで待てるので、

今は転職意欲が低くても登録しておくメリットが大きいです。

 

また、「おっ」と思う求人があり本格的に転職活動を進めたい方には

専属でキャリアアドバイザーがつくのでそこから面接の対策や

他にもサイト上には乗っていない非公開案件も紹介してもらえます!

 

当然キャリアアドバイザーはエンジニア出身なので、

転職者の気持ちも当然理解してもらえます。

 

きっとあなたにあった企業を紹介してくれるでしょう。

 

【マスメディアン】 エージェント



項目 評価
提案力 ★★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★★

 

「マスメディアン」と聞くと、

広告関係のイメージがどうしてもあると思います。

 

しかしマスメディアンでは長きにわたって転職業界での実績がある為、

その各業界に関する専門性も織り込み済みです。

 

最大の特徴は宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議といった業界で

長きに愛される情報誌やセミナーを用意しており、知名度は抜群。

 

その強みから他には無い特命の求人が集まりやすく、

「ここはねらい目」といった求人が見つかる可能性が高いです!

 

何と言ってもエージェントの質。

 

管理人もその昔、お世話になりましたがちょっとした相談でも、

今知っておくべき知識を丁寧に教えてくれたり、

スピード感のある対応をして頂いて非常に助かりました。

 

現に企業でも面接でも役に立ったことがあり、

「やはり知名度のあるところはそれなりの理由がある」と言う事を実感しました。

 

早めに転職を進めたいという方にオススメです。

 

コンピュータ、通信機器

マイナビエージェント×IT エージェント

項目 評価
提案力 ★★★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★★★

 

リクルートと双璧をなす

「転職界の巨人」マイナビがIT,web業界の転職に特化したエージェントです。

 

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、

全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、

隠れた優良企業まで多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

 

求人数は申し分ないうえに、エージェントの質も素晴らしいです。

 

更に強みとなるのがエージェントがIT業界出身のキャリアコンサルタントであることで鬼に金棒となっています。

 

取り扱い職種は、プロジェクトマネージャー、システムエンジニア、プログラマー、

社内SE、ネットワーク・サーバー・データベース・セキュリティエンジニアなどなど

幅広い守備範囲に加えて個別企業に深く入り込んでいるのでこっそりと社内の事業も聞かせてくれます

 

(こんな事をアピールすればウケるなど・・・管理人も実際これは助かりました。笑)

 

転職が初めてでも手取り足取り教えてくれるので、

初心者には基本的なアプローチを、勝手知ったる人にはより深い話をといった形で柔軟に対応できるところは非常に強みでしょう。

 

文句なしにおすすめできるエージェントです。

 

【BeeSide】  転職サイト、エージェント


項目 評価
求人数 ★★★★
サービス充実度 ★★★★
使いやすさ ★★★

 

東京を中心に関東圏内のIT業界への転職を幅広くおこなっている転職サイトです。

 

また、IT業界、個別企業の情報に詳しい、

専門コンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます!(もちろん無料です)

 

サイトの特徴としては、

IT業界の転職に特化している事と非公開求人多数あるので他社にはないネットワークで豊富な案件を紹介できるところ。

 

転職で年収UPを狙いたい方、大手では受けられない手厚いサポートを受けたい方、

地方から東京へ転職を考えられている方はまず面談を申し込みましょう!

 

-@type 転職サイト

項目 評価
求人数 ★★★★
サービス充実度 ★★★★★
使いやすさ ★★★

 

例として、フリーアドレス制、多角的評価、ノマドワーク可、女性社員5割以上、

平日夜土日面接可、ノー残業デーあり、服装自由、オフィス内禁・分煙、バイク通勤可などなど他にもたくさんあります。

 

@typeで求人を検索するときには、様々な項目が用意されています。

 

他の転職サイトでは見られないような条件を指定できるので、細かいところに手が届くのがうれしいところです。

 

他の転職サイトと比べて求人数は少ないものの、

かなりマニアックな条件まで指定できるのは@typeの特徴の一つでもあり、強みともいえるでしょう。

 

 

 

ゲーム業界

ギークリー エージェント



項目 評価
提案力 ★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★

 

ゲーム業界に特化している転職エージェントです

 

上場間近の企業からの幹部ポストの求人や大手企業の新規事業ポストの求人など、

人気の求人を数多く保有しています。

 

表には出ていない2000件以上の非公開求人とギークリーにしかない独占求人があるという事は最大の強みでしょう。

 

エージェントの質としてもあのリクルートが選ぶ優秀エージェント賞で

1位を獲得した事があるなど実績もあるので、ミスマッチはほとんど起こりません。

 

ゲーム業界を志望している人は登録必須です。

 

働き方で選びたい人におすすめの転職サイト、エージェント5選

 フリーランス、在宅で働きたい

ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】  転職サイト、エージェント

項目 評価
求人数 ★★★
サービス充実度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

 

業界トップレベルに詳しいコンサルタントが仕事の紹介をサポートしてくれています。

 

もちろんフリーランスという働き方やIT技術にもずば抜けて詳しいです。

 

もともとサービスの立ち上げでも「フリーランスのエンジニアが活躍できる場所を用意したい」という思想があった為、

高額案件も多く、細やかな希望にも丁寧に対応してもらえます。

 

現在フリーランスで活躍している方は、

今後フリーランスを検討しているITエンジニアの方にもおすすめです。

 

経験が少ない人でも無料カウンセリングでサポートしてくれるので安心です。

 

関連記事です。

【土日で稼ぐ】エンジニアが在宅で副業するメリットと注意点!おすすめのエージェントはこれだ!

 

フリーランス/Webデザイナー募集【ギークスジョブ  エージェント



項目 評価
提案力 ★★★
サポート ★★★★★
スピード ★★★

 

独立した後の確定申告の仕方から取引先との関係性の作り方なども丁寧に無料で教えてくれる、

駆け出しのフリーランスエンジニア、Webデザイナーなどのあなたに最もおすすめなエージェントです。

 

担当のエージェントも知識は豊富で優秀な為、

一度会ってみたら「知識の多さに驚いた」などの評判が多いです。

 

今独立している人もこれからフリーで独立しようと思っているあなた

まず登録して話を聞いてみると良いです。とても勉強になります。

 

第2新卒、未経験業界にチャレンジしてみたい

インフラエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)  エージェント、転職サイト


項目 評価
求人数 ★★★
サービス充実度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

 

未経験から正社員のITインフラエンジニアとして就業できるよう1からサポートしてくれます!!(驚)

 

更に1ヶ月間のネットワークエンジニア養成研修を経て、

就職活動までサポートしてくれますので安心です。

 

講師を務める現役エンジニアが、

代表的なエンジニア資格であるCCNAの取得対策と現場で求められる知識、

技術を指導してもらえる上に、実物のIT機器を使いながら実践力が養えます!

 

ネットワークエンジニア育成に特化した会社ですので、

実機を使った研修が充実していて達成感と習熟度が高いです。

 

未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方、

30歳までの方であれば、職歴、学歴は一切問わないのでチャレンジしたいと思っている方はまず面談してみては如何でしょうか?

 

そもそもエンジニアってなんぞ?という方は以下を参考までに。

 

エンジニアの意味とは?エンジニアの種類で違う仕事内容や適性を徹底解説!

 

-Find Job! 転職サイト

項目 評価
求人数 ★★★★★
サービス充実度 ★★★★
使いやすさ ★★★★

 

IT系転職では老舗の転職サイトWebエンジニア、プログラマー、ディレクターなどなど

IT系職種では求人の数はナンバー1です。

 

ミクシィのグループ企業が運営しており、

正社員転職だけでなく、契約社員、アルバイトなどの求人情報も多数掲載されています。

 

新着求人も毎日更新されており、

特にWeb業界やゲーム業界で活躍していきたい20代から30代向けの求人が豊富で、

且つWebから気軽に応募できるのも魅力です。

 

未経験でもWebクリエイターにチャレンジしたい人やネットベンチャー系で大成功したいといった人におすすめできると思います。

 

また、職種ごとの履歴書・職務経歴書の書き方は非常に参考になります

 

例えば、「Web/オープン系SE職向け」「ITインストラクター職向け」など

幅広い職種に対する具体的なサンプルがあるのは特に初めて転職をする人などにはうれしいサービスでしょう。

 

少しでも興味があるなと思ったら、

まず登録!をおすすめできる転職サイトです。

 

ベンチャー企業でバリバリ働きたい

-Start up 転職サイト

項目 評価
求人数 ★★★
サービス充実度 ★★★★
使いやすさ ★★★

 

初期段階のスタートアップの求人数はダントツ№1です。

 

一番面白く特徴的なのは各企業の社長の話が聞ける事です。

 

転職してすぐにコアメンバーとして活躍できるという求人もあり、非常に面白いです。

 

一度、覗いてみるとワクワクするかもしれません。

おわりに。管理人の考え方

 

星の数ほどあるサイトから当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

このサイトでは、転職を考える全てのエンジニアの皆さんの為に有益な情報発信をしていきたいと思っておりますので

 

今後ともどうぞご贔屓にしてくださいませ。

 

まず最初に、「転職」を考える皆様に管理人のスタンスを僭越ながら書き記したいと思います。

 

管理人の個人的な考えなので話半分くらいで聞いて頂ければと思います。

 

「転職したいなあ」という考えが頭をよぎったのであれば、今すぐにでもすべきです。

 

仕事人として、あるいは男としての評価って

 

「権力」と「金」を手にする事だと思うんですよ。

※差別でもなんでもないので気を悪くされないでください。

 

少なくとも私はそう思っていますし

 

多分この2つが本音だと思うんですよ。

何度も言いますが管理人の独断と偏見です。

 

私も転職を何回かしていますがそう思うきっかけは、

 

その会社の給料が上がらない「構造的な欠陥」に気づいてしまった事がきっかけとなっています。

 

内容は様々かと思いますが、必ず皆さんも以下のどれかに当てはまるはずです。

 

・同業他社より給与が低い

・評価精度がおかしい

・上のポストが詰まっている

・上のポストについたとしても魅力的な仕事ができるとは思えない

・人間関係がギクシャクしている

・魅力的な人間が会社にいない

・明らかに間違っている事があっても取り合ってくれない

・好き嫌いで判断される

・やりがいを感じられない仕事が多い

・会社の文化(ノリ)についていけない

 

他責感が半端ではありませんが(笑)

 

多分意識が高い人から言わせると

 

「そんなもんだよ。我慢しろよ」

「お前自身が認識を変えればいいだろ」

「というかそう思うんだったらお前が変えてみろよ」

 

こんな風に言ってきます(実際言われました)

 

いや、出来る人もいるし、(会社的には)そうすべきなんでしょうけど

 

コスパが悪いと思います。

 

それなりの能力を持った人だったら、手の届く範囲でならそれなりに変えられるかもしれないですけど

 

変える為の「時間」も相当かかりますし

 

変わった事に関して自分の報酬が(労力に見合う形で)上がるわけではほとんどのケースでありえないです。

 

給料は「成果」で決まっているわけではなく

 

その人がそのポジションにいる為の「コスト」で決まっているわけですから。

※カールマルクスの資本論にもはっきり書いてあります。

 

であれば

 

給料・収入を上げる為には、

 

よりその会社がコスト(付加価値を生み出すための労力)がかかる仕事をしているか

 

あるいはコストをかける役職・ポジションを用意しているかが

 

重要なポイントになります。

 

さっさと大きい仕事をやっている会社やポジションを用意している会社に転職して収入を上げた方がいいです。

 

「やりがい」とかを求めるのは「金」を稼いで「権力」を持ってから。

 

ちなみに人は、不安であることより不幸を選ぶらしいです。

 

人間はだれしも幸福になる為に生きているはずですがこれでは本末転倒。

 

もう、行動するだけです。

 

 

 

 

 

サイト内検索
管理人自己紹介

はじめまして。

管理人のレイと申します。

当サイトはガンダム好きの現役エンジニアである管理人が全ての転職を考えているエンジニアにおくる転職情報お役立ちサイトです。

ちなみに自分もエンジニアとして転職(ジョブホップ)を何度も経験し、現在も現役のエンジニアとしてマネジメントもしつつ、最前線で現場にも入りつつ、人事兼務で採用計画の作成と面接もしつつというポジションの為、出来るだけ様々な角度で実態を紹介できればと思っています。

是非ともごひいきにして頂ければ幸いです。

sponsored link




ブログ村
ブログランキング
Feedly

follow us in feedly